apr2

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「スピンをかけて止めるアプローチの打ち方とは?」

スピンで「キュッ!」と止まるボール
を打つとかっこいいですね。

アプローチのバリエーションを増やすと

グリーンまわりの様々な状況に
対応できるので

寄せワンを増やせて
スコアアップを期待できます。

ということで今日は
「スピンをかけて止めるアプローチの打ち方」
をご紹介します。


■スピンをかけて止めるアプローチの打ち方

(1)オープンスタンス、フェースを開く、フェースを返さない

スピンをかける打ち方のポイントをご紹介します。

・アドレスはオープンスタンス

・左足体重

・ハンドファースト

・左腕とシャフトを直線にかまえる

・フェースを開くいてかまえる

・フェースをローテションせずに振る
 (フェースを返さない))


オープンスタンスにかまえて
スタンスの方向に振り抜けば

自然にカットにフェースがはいり
スピンが強くかかります。


(2)ラフの影響は大きい(ライを最初に確認)

ラフからのアプローチでは
注意が必要です。

フェース面とボールの間に
芝が挟まるとスピンはかかりません。

順目でラフが短い場合は
まだ大丈夫ですが

逆目の場合はスピンで止めるのは
難しいです。

多くのゴルファーは
アプローチのボールに近づくと

最初に「残り距離」を確認しますが


最初にチェックすべきは「距離」ではなく、「ライ」です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ラフや斜面などライの状況により
アプローチの選択肢が変わるからです。

「残り距離の確認」の前に
「ライの確認」を優先しましょう。


些細なことに感じるかもしれませんが
大きなスコアの差になります。

 * * *

スピンをかけて止めるアプローチの打ち方
ご紹介しました。

(1)オープンスタンス、フェースを開く、フェースを返さない
(2)ラフの影響は大きい(ライを最初に確認)



アプローチのバリエーションを増やせると
寄せワンを増やせます。

アプローチを上達すると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです!




■一週間で、スコアを5つ縮めるには、、、

ハーヴィー・ペニックという
伝説のティーチングプロがいます。

レッスンの神様と呼ばれ
数多くのトッププロを育てました。

彼の弟子には、ベン・クレンショー、
トム・カイトがいます。

彼は著書の中でこう言っています。

===========================

一週間やそこらで、スコアを5つぐらい縮めるような
急激な進歩を遂げたいと思うなら、
まずは練習方法を根本から変えなければならない。

2週間、練習時間の90%をチップショットとパットに費やし、
残りの10%だけをフルスイングにすることです。

こうすれば95のスコアは必ず90になるはずです。
私が保証しましょう。

===========================


『練習時間の90%をショートゲームに割り当てる』

それが出来れば、

1週間やそこらで5つくらいスコアを
減らせるかもしれません。

参考になれば幸いです!




■本日のおすすめ

Kさんは「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。

あまり練習時間がなくレッスンも受けられない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法