dr1
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「インパクトでボールに力が伝わらない」

と感じていませんか?

ボールに力が伝わらないと
ヘッドスピードをあげても力が逃げてしまいます。

飛距離が伸びません。

ボールに力が伝わると
ヘッドスピードは同じでも飛距離を伸ばせます。

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(力の伝わるインパクトの作り方)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(力の伝わるインパクトの作り方)

(1)力が伝わる=クラブヘッドの軌道とフェース面が一致

力が伝わるインパクとは

「クラブヘッドの軌道とフェース面が一致」

している状態。

インパクトでフェースが開くと力が伝わらず
ヘッドスピードの無駄使いになります。


(2)ドライバーを短めに持つ、小さいスイングで芯に当てる練習

次の2つをクリアすると
効率良く力が伝わります。

・芯で打てる
・クラブ軌道とフェース面が一致


ではどうすれば良いのか?

いくつか方法がありますが
オススメのドリルを1つご紹介します。

・ドライバーを短めに持つ

・小さいスイングで芯に当てる練習

・飛ばなくて良いので、軽いドローになればok

・徐々にスイングを大きくしていきます。
 クラブを持つ位置も、いつもの状態に少しずつ戻します。


小さなスイングで芯をはずしたり
フェースが開くなら小さいスイングに戻します。

効率よく力を伝えるスイングを体感できます。

 * * *


ドライバーの打ち方(力の伝わるインパクトの作り方)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)力が伝わる=クラブヘッドの軌道とフェース面が一致
(2)ドライバーを短めに持つ、小さいスイングで芯に当てる練習


女子プロが小柄でも飛ばせるのは
効率の良いインパクトをしているからです。

大切なのは
「あなたの飛距離はまだまだ伸びる」
ということ。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。