iron_ball

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「アイアンが芯に当たらない・・・」

と感じていませんか?

アイアンは芯で打てないと
インパクトでフェースがぶれやすく
ショットが不安定になります。

芯で打てるとフェース面が安定し
ショットが安定します。

ボールに力も伝わるので
飛距離もでやすいです。

ということで今日は
「芯で捉えるアイアンショットの打ち方」
をシェアします。


■芯で捉えるアイアンショットの打ち方

(1)正しいアドレスの姿勢を作る

アドレスの姿勢が良いと
インパクトが安定します。

これについては話すと長くなるので
別の機会にご紹介したいと思いますが

今回は「スイングも大切だけどアドレスはもっと大事」
とだけ覚えておいて下さい。


(2)腹筋に力を入れる

アイアンショットで芯を捉えるには
スイング軌道が重用。

鋭角に打つ必要はないですが

アイアンは上から下に打つことで
ボールに力が伝わります。

重用なのは「腹筋」です。

スイング中にずっと
「腹筋に力をいれておく」と良いです。

腹筋に力をいれないと
インパクトで体が起き上がります。

腹筋に力を入れると
前傾角度をキープしやすくなります。

適度に上から下へボールを打ち
芯で捉えたショットを打てます。


(3)「腹筋だけに力を入れる」と肩、腕、手から力みが取れる

腕、肩に力が入るとバックスイングで
肩の回転が不足しやすいです。

肩の回転が不足するとトップが浅くなり
打ち急ぎになりやすい。

ただ、、

力を抜こうと意識すると
逆に力がはいる方も多いので

「腹筋だけに力を入れる」
という意識もおすすめです。

自然に肩、腕、手から力みが取れます。


 * * *

芯で捉えるアイアンショットの打ち方
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)正しいアドレスの姿勢を作る
(2)腹筋に力を入れる
(3)「腹筋だけに力を入れる」と肩、腕、手から力みが取れる



芯で打てるとショットが安定し
飛距離も伸びますよ。

ちょっとした気付きで
あなたのスコアはまだまだ良くなりますよ!

応援しています!




■追伸

「腹筋に力を入れる」は重用なポイントなのですが

プロのスイング写真や
スイング動画を見てもわかりません。

スイングの形はわかっても
「何を意識しているか?」
はわからないのです。

プレーヤーが「何を考えているか?」が
すごく大切だったりします。

ゴルフは「知っているか、知らないか」で
大きな差がでるケースも多いです。

参考になれば幸いです!




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。