grip_hutari

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすれば飛距離が伸びるのか?」

ベテランのゴルファーほど
「自分はもう飛距離は伸ばせない」
と思っているようです。

飛距離を伸ばすのに
特別な才能なんて必要ありません。

必要なのは、飛距離を伸ばすための
「ちょっとしたコツ」を知ることです。

グリップの握り方を少し変えるだけで
飛距離がアップすることもあります。

ということで今日は
「飛距離が伸びるグリップの握り方、飛距離をださない握り方」
をシェアします。


■飛距離が伸びるグリップの握り方、飛距離をださない握り方

(1)グリップを強く握ると飛距離が落ちる

「グリップを強く握ってはいけない」

これは多くのレッスンで言われていることですし
私もそれに賛成です。

グリップを強く握ると腕に力が入ります。

腕に力が入ると、スムーズなスイングができませんし
ヘッドも走りません。

柔らかくグリップして
ヘッドが走る感触を確かめて下さい。

「私はソフトに握っているよ!」という人でも
まだまだ力が入りすぎているケースは多いです。


(2)小指、薬指、中指の3本で握る

「左手の3本の指だけはしっかり握る」
というレッスンが有効な方もいます。

小指、薬指、中指の3本でしっかり握ると
他の部分から力が抜けやすいという効果もあります。


「グリップを軽く持つ」

または

「左手の3本の指だけはしっかり握る」

2つのどちらが有効かは個人差があります。

どちらの方がスムーズにスイングできるかを
お試し下さい。


(3)アプローチはグリップを強めに

飛ばす必要のないアプローチでは
グリップを強めにします。

手首の動きが制限されるので
インパクトの形が安定します。


 * * *

飛距離が伸びるグリップの握り方、飛距離をださない握り方
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)グリップを強く握ると飛距離が落ちる
(2)小指、薬指、中指の3本で握る
(3)アプローチはグリップを強めに

飛距離を伸ばす方法はいろいろあります。

大切なことは
「ちょっとした気付きで、あなたの飛距離はまだまだ伸びる」
ということ。

飛ばしたいならグリップを弱く
飛ばしたくないならグリップを強くしましょう。


参考になれば幸いです!




■追伸

「グリップの強さ」は重用なポイントなのですが

プロのスイング写真や
スイング動画を見てもわかりません。

スイングの形はわかっても
「何を意識しているか?」
はわからないのです。

プレーヤーが「何を考えているか?」が
すごく大切
だったりします。

ゴルフは「知っているか、知らないか」
大きな差がでるケースも多いです。

参考になれば幸いです!




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。




■本日のおすすめ

Iさんは

「100はおろか110も切れない」

と悩んでいました。

ある方法を試したところ

最初のラウンドでスコア92を出せたそうです。

その方法とは?

110を切れなかったのに、92でラウンドできた方法