driver4

FROM:アオイ
札幌の自宅より



「振り遅れを直すにはどうすれば良いのか?」


こんな質問をいただきました。

=====================
飛ばそうとするとドライバーショットが大きく曲がります。

ゴルフ仲間に「振り遅れている」と指摘されます。

でも手加減すると飛びません。対策があればご教授ください。
=====================


振り遅れとはダウンスイングで体の動きに対して
腕やクラブが遅れすぎている状態です。

振り遅れるとスライスや
飛距離ロスにつながります。

シンプルな方法で振り遅れを防げます。

ということで、今日は
「ドライバーの振り遅れを防止する方法」
をシェアします


■ドライバーの振り遅れを防止する方法

ドライバーはシャフトが長く
振り遅れになりやすいクラブです。

振り遅れを防止する方法はいくつかありますが
今回はその1つをご紹介します。


(1)バックスイングを腕でヒョイと上げていないか確認

振り遅れの原因として
アマチュアにとても多いのが

「バックスイングを腕でヒョイと上げている」

この動きは振り遅れになりやすいです。

飛距離が落ちますし、
スイングが安定しません。

バックスイングを腕でヒョイと上げると
腕が体の正面からはずれます。

腕が体の正面からはずれた状態で
バックスイングを開始するので、
インパクトでも腕が体の正面に戻りにくいです。


(2)テークバックの始動から肩を回す

一度、腕が体の正面からはずれると
スイング中に戻すのは大変むずかしいです。


腕が体の正面からはずれないように
バックスイングをする必要があります。

大切なのは「テークバックの始動」です。

バックスイングのイメージを変えると
振り遅れが直るケースも多いです。


「振り遅れる」という場合は

次の方法のどれかで
バックスイングを始動してください。

・左肩をアゴの下までまわす
・背中を目標方向にむける
・右肩を後ろに引く

どれも同じ動きになるのですが
あなたが実践しやすい方法を選んで下さい。

 * * *

ドライバーの振り遅れを防止する方法
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)「バックスイングを腕でヒョイと上げていないか」確認
(2)テークバックの始動から肩を回す


重用なテーマなので
本当はもう少し詳しくお話したいのですが

短時間に読めるように
今回はサラッとご紹介しました。

大切なのは

「ちょっとした気付きで
 あなたの飛距離はまだまだ伸びる」

ということ。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援がはげみになります。




■本日のおすすめ

Iさんは

「アプローチのザックリ、トップが多い」
「そのために、100はおろか110も切れない」

と悩んでいました。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになり

最初のラウンドでスコア92を出せたそうです。

その方法とは?

アプローチが苦手で110を切れなかったのに、92でラウンドできた方法