golfswing2

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「コースにでると力がはいる」

「ショットが安定しない」

と感じたことはありませんか?

熱心なあなたはご存知かもしれませんが

ボールを打つ前の「素振り」は
ショットを安定させる効果があります。

ということで今日は
「ショットを安定させる3段階素振り」
をシェアします。


■ショットを安定させる3段階素振り

(1)トッププロも実践

ボールを打つ前に
決まったルーティンで素振りをしましょう。

ラウンドでも練習でも常に行うと
無意識にできるようになります

リズムを安定させる効果もありますし
無駄な力みも取りやすくなります。

イ・ボミ選手のラウンドを見ていると
ボールを打つ前に小さな素振りを必ずしています。

ベン・ホーガンもボールを打つ前に
3つの素振りをしていたそうです。

記憶が曖昧なので
間違っていたらごめんなさい。

効果は間違いないのでやり方をご紹介します。


(2)3段階素振り(小さなスイングから徐々に大きく)

小さなスイングから徐々に大きくします。

・腰から腰のハーフスイング
・3/4のクオータースイング
・フルスイング

時間はかけません。

連続して流れるように素振りをします。

ドライバーは手首を柔らかく
ゆったりと素振りをする。

リズムが安定します。

スイング軌道が安定します。

ヘッドが走りやすくなります。

無理に3段階素振りにこだわらなくても良いです。

あなたがスムーズに動ける
ルーティンならokです。

 * * *

ショットを安定させる3段階素振り
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)トッププロも実践
(2)3段階素振り(小さなスイングから徐々に大きく)

ボールを打つ前のルーティンを安定させましょう。

練習時から実践すると
無意識にできるようになります。

1つ1つのショットでは
大きな変化を感じないかもしれませんが

1ラウンドを通すと
スコアに大きな違いがでます。

小さな成長を積み上げましょう!

それが大きな違いになります。


参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援がはげみになります。




■本日のおすすめ

Iさんは

「アプローチのザックリ、トップが多い」
「そのために、100はおろか110も切れない」

と悩んでいました。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになり

最初のラウンドでスコア92を出せたそうです。

その方法とは?

アプローチが苦手で110を切れなかったのに、92でラウンドできた方法