apr2
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「SWで10ヤード短めの距離を打つ方法とは?」

ゴルフに熱心なあなたもご存知のとおり

100ヤード以内の距離感は
スコアに直結します。

100ヤード以内はピンの近くに寄せて
1パットであがりたい。

少なくとも確実に1回で
グリーンに乗せたいですよね?

ということで今日は
「SWで10ヤード短めの距離を打つ方法」
をシェアします。


■SWで10ヤード短めの距離を打つ方法

(1)まずは一定の距離を打てるように練習

SWで10ヤード短めの距離を打つために

最初にすべきはこれ。

「フルスイングの距離を安定させる」

距離の精度をより高めるためには

「毎回、打ち方が変わらないように
 自分の基準となる打ち方を持つ」

が重要です。

毎回、打ち方が変わってしまうと
どうしても距離がばらつくからです。

そのためには以下を毎回同じようにします。

・アドレス
・ボール位置(スタンス中央)
・力感(8割くらいが目安)
・リズム(連続素振りをして、一番自然なリズム)

「同じ打ち方をして、どのくらいの飛距離がでるのか?」

をチェックしましょう。

フルスイングの距離が安定させてから
距離の打ち分けにチャレンジです。


(2)距離の打ち分けを「スイングスピードで変える」は難しい

距離の打ち分けをスイングスピードで行うのは
難しい方法です。

そうとうな練習量が必要です。

スイングスピードを落として
短めに打とうとすると

インパクトで緩んで
大きなミスになりやすいです。


(3)振り幅を変える方法が優しい

飛距離の打ち分けは
「振り幅をかえる」が基本です。

クオータースイングにすると
フルスイングに比べて

10ヤード程度
飛距離が落ちるでしょう。

振り幅による飛距離の変化は
個人差が大きいです。

振り幅を小さくしたときに
どのくらい飛距離が変わるか
チェックしてください。

振り幅を小さくするとき
注意点が1つあります。

振り幅を小さくしても
体の回転で打ちましょう。

振り幅が小さいスイングになると
手打ちになる方がいます。

手打ちだと距離がブレやすくなります。

小さいスイングも体の回転で打つと
距離が安定します。


 * * *

SWで10ヤード短めの距離を打つ方法
ご紹介しました。

長くなってのでまとめます。

(1)まずはフルスイングの距離を安定させる
(2)距離の打ち分けを「スイングスピードで変える」は難しい
(3)距離の打ち分けは「振り幅を変える」が優しい

アプローチの精度が高くなると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

アプローチの10ヤードって
細かい話に感じるかもしれませんが

パットの距離が10ヤードかわりますから
スコアに直結します。

トム・カイト、デービス・ラブ三世、ベン・クレンショーなどの
多くのメジャーチャンピオンを育てた

伝説のレッスンプロであるハーヴィー・ペニックは
こう言いました。

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」

独学でも良いです。
誰かに習っても良いです。

スコアアップを望むなら
ショートゲームの練習を増やしましょう!

あなたのスコアはまだまだ
良くなりますよ!

参考になれば幸いです!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援がはげみになります。




■本日のおすすめ

Iさんは

「アプローチのザックリ、トップが多い」
「そのために、100はおろか110も切れない」

と悩んでいました。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになり

最初のラウンドでスコア92を出せたそうです。

その方法とは?

アプローチが苦手で110を切れなかったのに、92でラウンドできた方法