golfswing2

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「テークバックで左肩がまわらない・・・」

もしあなたが「左肩がまわらない」と悩んでいるなら
今日の記事が役に立つでしょう。

飛距離が出る人はバックスイングで
左肩がスムーズにまわります。

左肩がスムーズにまわると、、、

・打ち急ぎがなくなる
・トップでほどよい「間」ができる
・左右に体がブレなくなる

リズムも良くなるし
軸が安定するので

ショットは安定しますし
飛距離も伸びます。

どうすればテークバックで
左肩がスムーズにまわるようになるのか?

ということで今日は
「テークバックで左肩がまわるシンプルな方法」
をシェアします。


■テークバックで左肩がまわるシンプルな方法

多くのゴルファーがボールを
顔の真正面で見ながらアドレスをします。

すると「アゴを引いた状態のアドレス」になります。

この「アゴを引いた状態」というのが、
左肩がスムーズにまわらない原因になります。

バックスイングでアゴが邪魔になり、
肩の回転がスムーズに出来なくなります。

無理に肩を回転しようとすると、
肩でアゴを動かすので、スイング軸が動きます。

スイング軸がズレるので
ショットが安定しません。

肩がまわらないと打ち急ぎになります。
「早ぶり」、「手打ち」の原因にもなります。

フックやスライスの原因にもなります。

ではどうすれば良いのか?


(1)アドレスで後ろ髪を少し引かれるイメージ

アドレスをした時に、後ろ髪を後ろに
少し引っ張られるように、頭を少しあげる。


(2)ボールを下目線で見る

頭を上げると、ボールを下目線で見ることになります。

これでOKです。

アゴを少し上げることで、

バックスイングで左肩がスムーズに回転します。

すると、捻転が大きくなり飛距離が伸びます。

フォローでは右肩がアゴの下に入ります。

力いっぱいスイングしても、
スイング軸がぶれなくなります。

軸がブレなくなるので、
スライスやフックも軽減します。

 * * *

テークバックで左肩がまわるシンプルな方法
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)後ろ髪を引かれるイメージで頭をあげる
(2)ゴルフボールを下目線で見る

アゴを1センチほど上げるだけです。

アドレスでは、このわずかな違いが
スイングに大きな影響を与えます。

バックスイングがスムーズに出来ないという場合は、
お試し下さい。

スイングというのはそんなに簡単に変わりません

変わるのはボールの位置、アドレス、リズムです。

突然、不調になったら、
「いつもとアドレスが変わっていないか?」
をチェックしましょう。

アドレス時にボールを凝視している人は
アゴを引きすぎている可能性が高いです。

ちょっとした気づきで
あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

小さな成長を積み上げましょう!

それが大きな違いになります。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援がはげみになります。




■本日のおすすめ

Iさんは

「アプローチのザックリ、トップが多い」
「そのために、100はおろか110も切れない」

と悩んでいました。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになり

最初のラウンドでスコア92を出せたそうです。

その方法とは?

アプローチが苦手で110を切れなかったのに、92でラウンドできた方法