golf_josei2
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすればカット軌道を直せるのか?」

ドライバーでカット軌道になると
スライスになりやすいです。

飛距離をロスしますし
方向も安定しません。

カッド軌道を直せるとショットが安定し
飛距離が出ます。

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(カット軌道を直す方法)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(カット軌道を直す方法)


(1)肩のラインがオープンになるとカット軌道になる

カット軌道になる原因はいくつかありますが
アドレスに問題があるケースも多いです。

アドレスは止まっているので
スイングより直しやすいです。

アドレスが原因でカット軌道になっていないか
チェックしてみましょう。

アドレスで肩のラインがオープンになっていると
スイングはアウトサイドインになりやすいです。


(2)肩のラインがオープンになっていかチェック

チェックは簡単です。

・いつもどおりにアドレスをする
・クラブを両肩にあてる
・ターゲットラインと並行かチェックする

オープンになっている場合は
ターゲットラインの左を向いています。

スタンスの向きよりも
肩のラインの向きが重要です。


イ・ボミ選手は
スタンスは少しオープンですが
肩のラインはスクエアです。

その方が体を回転しやすいのだと予想します。


(3)意識しないと右肩が前にでやすい

右利きのゴルファーがアドレスすると
右手が左手より下になります。

そのため右肩が前にでやすいです。

右肩が前にでると肩が開きます。

意識しないと右肩が前にでやすいのです。

ご注意ください。


(4)スイングを直す前にアドレスをチェック

スイング軌道を直したい場合
ほとんどのゴルファーが

真っ先にスイングを直そうとします。

アドレスがズレているのに
スイングを直すと問題が複雑になります。

アドレスは止まっているので
スイングを直すより簡単です。

スイングを直す前に
アドレスがずれていないかチェックしましょう。

 * * *

ドライバーの打ち方(カット軌道を直す方法)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)肩のラインがオープンになるとカット軌道になる
(2)肩のラインがオープンになっていかチェック
(3)意識しないと右肩が前にでやすい
(4)スイングを直す前にアドレスがずれていないかチェック

いろいろお話しましたが

「スイングを直す前に
 アドレスがずれていないかチェックする」

まずは、これだけを持ち帰っていただければ十分です。

ちょっとした気づきで
あなたのゴルフスコアはまだまだ良くなります。

小さな成長を積み上げましょう!
それが大きな違いになります。

応援しています!