apr_houdai

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「寄せワンが増える距離感の作り方とは?」

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
ショートゲームがスコアを作る鍵です。

うまい人はグリーンを外しても
寄せワンでパーをとります。

30ヤード以内は寄せワンを狙いたい距離です。

寄せワンをとるには
距離感が重要です。

ということで今日は
「寄せワンが増える距離感の作り方」
をシェアします。


■寄せワンが増える距離感の作り方

(1)実際にボールを打つイメージで素振りをする

アプローチは素振りが大切です。

素振りを「チャッチャッ」と
適当に行う人もいます。

素振りをするのは良いのですが
もったいないです。

もっと丁寧に素振りをすると、
距離感が良くなります。

具体的には、

・実際にボールを打つイメージで素振りをする

・イメージしたボールが、「イメージした強さ」で
 カップに吸い込まれる(カップの根本に止まる)まで
 フィニッシュの状態を保つ。

本番に近い状態でリハーサルが出来るので、
距離感がつかみやすくなります。

素振りにより距離感がよくなるだけでなく

地面に傾斜があれば
ボールの位置を微調整できます。

芝の抵抗を事前に把握できます。


(2)アプローチの距離感が良くなる「3回素振り」

素振りで距離感を良くする方法があります。

1回目は、「少しショート気味の素振り」

2回目は、「少しオーバー気味の素振り」

3回目は、「その中間の素振り」

このように3回素振りをすると
距離感に大きな狂いがなくなります。

3回目の素振りの感覚が消えないうちに、
ボールを打ちます。

 * * *

寄せワンを量産するアプローチの打ち方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・実際にボールを打つイメージで素振りをする
・アプローチの距離感が良くなる「3回素振り」

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」

と言ったのは多くのトッププロを育てた
伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

アプローチの距離感が良くなると
パット数も減ります。

多くのゴルファーは今より良いスコアで
ラウンド出来る実力をすでにもっています。

ちょっとした気づきで
あなたのゴルフスコアはまだまだ良くなります。

応援しています!



■追伸

今日は午後からラウンドなので
これから急いで準備します。(汗)



<本日のおすすめ>

Iさんは

「アプローチのザックリ、トップが多い」
「そのために、100はおろか110も切れない」

と悩んでいました。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになり

最初のラウンドでスコア92を出せたそうです。

その方法とは?

アプローチが苦手で110を切れなかったのに、92でラウンドできた方法