golf_dr

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「飛距離より、安定性を優先したい」

と思う時はありませんか?

左右がせまいコースなどで
飛距離より方向性を重視したい時は多いです。

ドライバーショットが安定すると
スコアの崩れを防げます。

「久しぶりのラウンドで、とりあえず大きなミスを減らしたい」
という場合にも有効な方法です。

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(飛距離より、安定性を優先する簡単な方法)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(飛距離より、安定性を優先する簡単な方法)

(1)ドライバーを短く持つ

飛距離より安定性を優先する簡単な方法とは
「クラブを短く持つ」です。

短く持つメリットはたくさんあります。

スイートエリアで打てる確率が
大幅にアップします。

芯で打ちやすくなります。

ドライバーを難しく感じる一番の理由は
「クラブが長いから」です。

「ドライバーを指3本分ほど短くもつ」を試して下さい。

簡単にショットが安定しますよ。


(2)意外と飛距離が落ちない理由

「クラブを短くもつと飛距離が落ちる」
と思うかもしれません。

はい、そう思うのが当然です。

ただ、、、実際に試してみるとわかります。

実は、そんなに飛距離は落ちません。

最大飛距離は少しおちますが
むしろ平均飛距離は伸びる方が多いです。

理由はいくつかありますが、、、

・芯で打つ確率が上がる

・フェース面が安定する

もしあなたがボールを打つと「フェース面がズレる」と
悩んでいるなら「クラブを短く持つ」は効果絶大です。

クラブを短く持つとグリップがグラグラせずに
フェース面が安定します。

力強いボールを打ちやすくなります。


・カウンターバランスの効果でヘッドが走る

クラブを短く持つとグリップエンド側の重量が増えます。

するとヘッドが走りやすくなります。

ドラコン選手には飛距離をのばすためにグリップエンド側に
重りを入れる方もいます。

他にも飛距離が落ちない理由はいくつかありますが
まずは騙されたと思って試して下さい。

クラブを短く持つだけで飛距離は落ちず
ショットが安定するなんて素晴らしいですよね。


(3)プロも狭いコースではドライバーを短く持つ

プロの試合でもせまいコースでは
ドライバーを短くもって攻める選手は多いです。

クラブを短く持つ効果は
実際に試せば一発でわかりますよ^^


 * * *

ドライバーの打ち方(飛距離より、安定性を優先する簡単な方法)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ドライバーを短く持つ
(2)意外と飛距離は落ちない
(3)プロも狭いコースではドライバーを短く持つ

「曲げたくない」と思って手加減して振ると
スイングがぶれて曲がりやすいです。

「クラブを短く持つ」は簡単で安全です。

ちょっとした気づきで
スコアはよくなりますよ!

参考になれば幸いです!





<本日のおすすめ>

Iさんは

「アプローチのザックリ、トップが多い」
「そのために、100はおろか110も切れない」

と悩んでいました。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになり

最初のラウンドでスコア92を出せたそうです。

その方法とは?

アプローチが苦手で110を切れなかったのに、92でラウンドできた方法