grip_hutari

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「ヘッドスピードを上げるには、どうしたら良いのか?」

昨日のヘッドスピードを上げる練習方法という
記事が好評でした。

ヘッドスピードがあがると
ドライバー、アイアン、FWなど

全てのクラブの飛距離が伸びます。

短いクラブでグリーンを狙えるので
パーオンしやすくなります。

ヘッドスピードを上げるには
アドレスにもポイントがあります。

ということで今日は
「ヘッドスピードをあげるグリップとヒジの脱力」
をシェアします。


■ヘッドスピードをあげるグリップとヒジの脱力

(1)アドレスではグリップをゆるゆる

「グリップを強く握ってはいけない」

これは多くのレッスンで言われていることですし
私もそれに賛成です。

グリップを強く握ると腕に力が入ります。

腕に力が入るとスムーズなスイングができませんし
ヘッドも走りません。

柔らかくグリップして
ヘッドが走る感触を確かめて下さい。

「グリップは小鳥を手のひらで包むようににぎる」
というイメージもおすすめです。


以前、シミュレーションゴルフのある
ラグジュアリーなゴルフバーで
メルマガ読者さんとの懇親会を開催しました。

ドラコン女子プロの方をお招きして
飛距離アップのレッスンをしていただき

参加された方に「飛ばすためのグリップ圧」
を体験いただいたのですが

ベテランゴルファーの方たちも

「え!こんなにゆるゆるなの!」

と驚いていました。

「私はソフトに握っているよ!」という人でも
まだまだ力が入りすぎているケースは多いです。


(2)アドレスでヒジの力を抜く

力を抜いているつもりでも
意外とできていないのがコレ


「ヒジから力を抜く」

ヒジに力が入っていると
スイング軌道が歪んでしまいます。

ヒジから無駄な力が抜けると
インパクトで適度なローテーションができます。

ローテーションによりヘッドスピードがあがり
飛距離アップが伸びます。

 * * *

ヘッドスピードをあげるグリップとヒジの脱力
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)アドレスではグリップをゆるゆる
(2)アドレスでヒジの力を抜く

ムダな力みを取ると
飛距離アップを期待できます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

小さな成長を積み上げましょう!

それが大きな違いになります。

応援しています!



■追伸

ベテランゴルファーほど無意識のうちに
ヘッドスピードを落としてしまう傾向があります。


それは「ショットを曲げてスコア崩した」
という「苦い経験」が多いためです。

無意識なので本人は気づけません。

ゴルフ歴20年以上のベテランゴルファーの方でも
まだまだヘッドスピードを上げられます。

「ヘッドスピードを上げて飛距離アップする方法」
に興味がありましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

要望が多ければ、詳しくご紹介します。