dr_ad

FROM:アオイ
札幌の自宅より


『ドライバーショットが飛ばない・・・』

と悩んでいませんか?

ドライバーショットが上手くいけば
そのホールは「攻めのゴルフ」が出来ます。

ドライバーショットが上手く行かないと
「守りのゴルフ」になります。

ドライバーの飛距離を伸ばしショットも磨く
シンプルな方法があります。

ということで今日は
「ドライバーの飛距離アップ(一番シンプルで確実な上達法)」
をシェアします。


■ドライバーの飛距離アップ(一番シンプルで確実な上達法)

ドライバーの飛距離アップについて
シンプルな方法をご紹介します。

効果は保証しますので
やるか、やらないかだけです。


(1)左側で「ビュン」と音を出す

ヘッドを走らせるドリルをご紹介します。

ボールの先で「ビュン」と音がするように素振りをします。

ボールの手前で音がする場合は
ボールの手前でヘッドスピードが最大になっています。

左で「ビュン」と音がする素振りをしましょう。


(2)毎日素振りをすれば必ず飛距離は伸びます

素振りをたくさんしましょう。

・リズムが安定します。
(左側で音をだすスイングはリズムが安定します)

・パワーが付きます
(年齢に関係なくです)

・スイングから無駄がなくなります
(ボールを打つより効果的です)

素振りをたくさんすると
飛距離は必ずのびます。

有名な話なのですが

イ・ボミ選手はゴルフを始めた最初の1ヶ月は
ひたすら素振りだけしたそうです。

ようやくボールを打てるようになっても、
1球打つ前にかならず5回は素振りをしたそうです。


(3)素振りをする「習慣」を持つと最高

勉強熱心なあなたですから

「素振りをすると上達する」

という話はご存知だと思います。

ただ、、知っているだけでは変化はありません。

ぜひ、実行してください。

自宅で素振りをする「習慣」を持つと最高です。

最初は「クラブをさわるだけ」でも良いです。

次は「1日、1回素振り」でも良いです。

自然に回数が増えて
気づけば大きな変化になります。

 * * *

ドライバーの飛距離アップ(一番シンプルで確実な上達法)
ご紹介しました。

(1)左側で「ビュン」と音を出す
(2)毎日素振りをすれば必ず飛距離は伸びます
(3)素振りをする「習慣」を持つと最高

小さな成長を積み上げましょう。

毎日1%でも成長できれば
1年で驚くほどの成長ができますよ。

応援しています!




<本日のおすすめ>

Iさんは

「アプローチのザックリ、トップが多い」
「そのために、100はおろか110も切れない」

と悩んでいました。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになり

最初のラウンドでスコア92を出せたそうです。

その方法とは?

アプローチが苦手で110を切れなかったのに、92でラウンドできた方法