dr_ad

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「素振りは良いのに、ボールがあるとスイングが変わる…」

こんな経験ってありますよね。

気づかない人も多いですが、
ほとんどのゴルファーは

素振りでは十分にヘッドが走っているのに
ボールを打つ時になるとヘッドスピードが落ちます。

意外な「ある理由」により
ヘッドスピードを落としていますし

ということで今日は
「飛距離アップ(ボールを目の前にしても気持ちよく振り抜く方法)」
をシェアします。


■飛距離アップ(ボールを目の前にしても気持ちよく振り抜く方法)

(1)素振りと同じスイングが一番飛ぶ

「ボールをきちんと打とう」という気持ちが
ヘッドスピードを落とします。

ボールが目の前にあると
「ボールに当てるスイング」になりがちです。

無意識にスイングのスピードが落ちます。

無駄な力みも生まれます。

スイングはコマのように
ある程度はスピードがでた方が安定します。

「ゆっくりとしたスイングはミート率があがる」
というイメージがありますが、

あまりにもスピードがおちると
スイングはブレやすくなります。

「気持ちよく振り切った方が安定する」
という気持ちを大切にしてください。

「素振りと同じスイングが一番飛ぶ」
という考えもオススメです。


(2)ボールをぼんやり見る

「素振りだと振りきれるのに、ボールがあるギクシャクする」

これは「ボールを気にしているから」です。

ドライバーはボールに当てようとすると
飛距離が落ちます。


ボールに集中すると、無意識にスイングが減速します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ヘッドスピードもおそくなるのに
ミート率もあがらない。

解決策はシンプルです。

「アドレスした時にボールを凝視しない」

「アドレスした時にボール付近をぼんやり見る」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

をお試しください。


(3)アゴ上げて、ボールを下目線で見る

アドレス時にボールを見る視線は
「下目線」が良いです。

ボールを意識すると無意識に
顔の真正面でボールを見てしまいます。

すると「アゴを引いた状態のアドレス」になります。

この「アゴを引いた状態」というのが
左肩がスムーズにまわらない原因になります。

バックスイングでアゴが邪魔になり
肩の回転がスムーズに出来なくなります。

無理に肩を回転しようとすると
肩でアゴを動かすのでスイング軸が動きます。

スイング軸がズレるのでショットが安定しません。

アドレスをした時に

「後ろ髪を後ろに少し引っ張られる」

をイメージして顔を少しあげましょう。

「アゴを1センチほど上げる」
もおすすめです。

顔を上げると「ボールを下目線で見る」状態になります。
dr_mesen

これでOKです。

アゴを少し上げると
バックスイングで左肩がスムーズに回転します。

軸がブレなくなるのでショットが安定しますし
飛距離も出やすくなります。

「ボールがあると気づかないうちに
 アゴを引いてアドレスしている」

という方は本当に多いです。


ボールがある状態でアドレスして
一度チェックしてみてくださいね。

 * * *

飛距離が伸びる方法(ボールを目の前にしても気持ちよく振り抜く方法)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)素振りと同じスイングが一番飛ぶ
(2)ボールをぼんやり見る
(3)アゴ上げて、ボールを下目線で見る

スイングは今のままでも

「アドレスを少し変えるだけ」

でショットが安定し飛距離が伸びるケースも多いです。

参考になれば幸いです!



■追伸

ゴルフはアドレスが本当に大切です。

「ショットが安定しない」と悩んだ時は
スイングを直す前にアドレスをチェックしてください。

「下目線でボールを見る」は重要なのですが
知らない方も多いです。

他にもアドレスのチェックポイントはいくつかあります。

「アドレスの微妙なズレ」は上級者でもおこるので
プロはアドレスを常にチェックします。

定期的にアドレスをチェックしましょう。

正しいアドレスをしているか自信がない場合は
上級者やコーチにチェックしてもらいましょう

そのひと手間が上達の近道です。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。