apr_houdai

FROM:アオイ
札幌のカフェより


「短いアプローチの距離感があわない…」

こんな経験ってありますよね。

短いアプローチの距離感は
スコアに直結します。

気づかない人も多いですが
多くのゴルファーは

意外な「ある理由」により
距離感が安定していません。

ということで今日は
「短いアプローチの距離感の作り方」
をシェアします。


■短いアプローチの距離感の作り方

(1)コック(手首)を使いすぎていませんか?

アプローチの距離感を作る時に
振り幅で決めていると思います。

で、、、

短いアプローチでは注意点があります。

それは

「距離の短いアプローチは、コックは必要ない」

ということ。

コックとはバックスイングで
手首を親指側に曲げる動きです。

コックを使いすぎると
距離感が安定しません。

ダフリ、トップの原因にもなります。


(2)コックを使うのは腰の高さから

アプローチは距離が長くなるほど
スイング幅を大きくします。

トップの位置が腰の高さを超えるあたりから
すこしずつコックを使います。

個人差はありますが

「20ヤード以下のアプローチではコックを使わない」

これくらいが目安です。

振り幅が腰より下の小さなスイングは
コックを使わない方が良いです。

距離感が安定しますし
ダフリ、トップのミスも減ります。

 * * *

短いアプローチの距離感の作り方をご紹介しました。

(1)コック(手首)を使いすぎていないかチェック
(2)コックを使うのは腰の高さから

「短いアプローチの距離感があわない」
「ダフリ、トップになる」

という場合は

「コックを使いすぎていないか?」

をチェックしてみてください。

本人が思っている以上に
コックを使いすぎているケースは多いです。


短いアプローチの距離感がよくなると
スコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

「短いアプローチはコックを使わない」
は重要なのですが

「わかっていても出来ていない」
というケースは多いです。

正面から撮影してチェックすると良いです。

自信がない場合は上級者やコーチに
チェックしてもらいましょう。


そのひと手間が上達の近道です。




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。