iron_ball

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「アイアンの芯で打つには、どんな打ち方が良いのか?」


もしあなたが
「アイアンのミスが多い」「芯で打てない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

アイアンは芯で打てないと
インパクトでフェースがぶれやすく
ショットが不安定になります。

芯で打てるとフェース面が安定し
ショットが安定します。

ボールに力も伝わるので
飛距離もでやすいです。

ということで今日は
「アイアンの芯でインパクトする方法」
をシェアします。


■アイアンの芯でインパクトする方法

(1)正しいアドレスの姿勢を作る

アドレスの姿勢が良いと
インパクトが安定します。

これについては話すと長くなるので
別の機会にご紹介したいと思いますが

今回は「スイングも大切だけどアドレスはもっと大事」
とだけ覚えておいて下さい。


(2)腹筋に力を入れる

アイアンショットで芯を捉えるには
スイング軌道が重要。

鋭角に打つ必要はないですが

アイアンは上から下に打つことで
ボールに力が伝わります。

重用なのは「腹筋」です。

スイング中にずっと
「腹筋に力をいれておく」と良いです。

腹筋に力をいれないと
インパクトで体が起き上がります。

腹筋に力を入れると
前傾角度をキープしやすくなります。

適度に上から下へボールを打ち
芯で捉えたショットを打てます。


(3)「腹筋だけに力を入れる」と肩、腕、手から力みが取れる

腕、肩に力が入るとバックスイングで
肩の回転が不足しやすいです。

肩の回転が不足するとトップが浅くなり
打ち急ぎになりやすい。

ただ、、

力を抜こうと意識すると
逆に力がはいる方も多いので

「腹筋だけに力を入れる」
という意識もおすすめです。

自然に肩、腕、手から力みが取れます。


(4)無意識にできるように練習する

コースでスイングを注意していては
ゲームに集中できません。

コースにでると考慮すべきことが
たくさんあります。

たとえば

・風
・残り距離
・傾斜
・バンカー、池の配置
・リズム

などなど

だからこそ
「腹筋に力を入れる」
という毎回同じチェックポイントは

反復練習により「無意識にできる」
を目指しましょう。


 * * *

芯で捉えるアイアンショットの打ち方
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)正しいアドレスの姿勢を作る
(2)腹筋に力を入れる
(3)「腹筋だけに力を入れる」と肩、腕、手から力みが取れる
(4)無意識にできるように練習する


芯で打てるとショットが安定し
飛距離も伸びますよ。

ちょっとした気付きで
あなたのスコアはまだまだ良くなりますよ!

アイアンの芯で打つために、
他にもいくつか重要なポイントはありますが

長くなったので別の機会に
ご紹介しようかなと思います。

応援しています!



■追伸

「アプローチ上達術」でも推奨していますが

ゴルフスイングを磨きながら
アプローチも上達できる最強の上達法があります。

それは「30ヤードのアプローチ練習」です。

30ヤード以下のアプローチは
スイングの重要な動きがつまっています。

アイアンショットの精度を高めたいなら
アプローチ練習も効果的です。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。