iron_ball

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「アドレス時の重心は、つま先よりか、かかと寄りか?」

アドレス時の重心の位置は極めて重要です。

重心位置がズレるとトップやダフリになりやすいです。

ショットが安定している人は
重心の位置が安定しています。

あなたに最適な重心位置を見つける
簡単な方法があります。

ということで今日は
「ショットが安定する重心位置の見つけ方」
をシェアします。


■正しい重心位置って?

(1)プロによっても個人差がある

正しい重心位置については
レッスンプロでも意見がわかれます。

大きく分けて2つの理論があります

・中心(足の裏全体)に体重をかける
・親指の付け根(拇指球)のあたりにかける


ちなみに私はこの2つの中間です。


「親指の付け根(拇指球)から土踏まずのあたり」
で安定させています。

プロによっても個人差があります。

足裏全体に体重をかけるプロもいますし
親指の付け根(拇指球)にかけるプロもいます。


(2)極端な重心位置はミスの元

極端な重心位置はミスの元です。

つま先体重が強いと「手打ち」になります。
ダフリやすくなります。

かかと体重が強くても「手打ち」になります。
トップになりやすいです。


■ショットが安定する重心位置の見つけ方

あなたに最適な重心位置を見つける簡単な方法があります。

ショットが安定する重心位置の見つけるには
「不安定な状況」でスイングをすると良いです。

意図的に不安定な状態でスイングをすると
無意識に体が安定するスイングを
作ってくれるからです。


(1)片足スイング

P/Wなどの短いクラブを使います。

ティーアップすると
優しく打ちやすくなります。

左足片足で立って
ボールを打ちます。

普通の練習前に5球だけでも良いです。

不安定な状態でスイングをすると
体は自然にバランスを取ろうとします。

バランスの安定したスイングが養われます。

何度か素振りをすれば
自然に適切な重心位置でスイングをしているはずです。


(2)目隠しスイング

目隠しをしても良いですし、
目をつぶっても良いです。

まずは素振りから始めます。

目をつぶりながらスイングをすると
スイングの細かい部分が気にならなくなります。

クラブの重さを感じます。

体重移動、リズムなどを感じます。

スイング全体の調和が取れるようになります。

何度か素振りをすれば
自然に適切な重心位置でスイングをしているはずです。


(3)毎回、同じ重心位置でセットアップできるように練習する

適切な重心位置がみつかったら
その場所でセットアップできるように練習しましょう。

毎回、同じルーティンにすれば
ボールからの距離も安定します。

ボールからの距離が安定すると
重心位置も安定します。

アドレスの練習は自宅でもできます。

毎回同じアドレスができるように練習すると良いです。


 * * *

「ショットが安定する重心位置の見つけ方」
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)片足スイングでボールを打つ
(2)目隠しスイングで素振り
(3)毎回、同じ重心位置でセットアップできるように練習する


重心位置が安定すると
スイングの再現性がたかまります。

コースの斜面からでも安定したショットを
打てるようになります。

ドライバーも芯で打てるようになり
飛んで曲がらないボールを打てますよ。

参考になれば幸いです。




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。




<本日のおすすめ>

ゴルフスイングを磨きながら
アプローチも上達できる最強の上達法があります。

それは「30ヤードのアプローチ練習」です。

30ヤード以下のアプローチは
スイングの重要な動きがつまっています。

アイアンショットの精度を高めたいなら
アプローチ練習も効果的です。

詳しくはこちら!

最強の上達法はコレ