club_iron_dr_pt

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「ドライバーとアイアンは同じスイングで良いのか?」

と思ったことはありませんか?

ドライバーとアイアンのスイングは基本的には同じですが
違う部分もあります。

たとえば、、

正面から見た時の「上半身の傾き」が違います。

ということで今日は
「ドライバーとアイアンはスイング軸の傾きを変える」
をシェアします。


■ドライバーとアイアンはスイング軸の傾きを変える

(1)アイアンは地面に垂直に立つ

地面のボールを直接打つアイアンは
体の中心軸を地面と垂直にして立ちます。

クラブの最下点は自然と顔の真下になります。

正面から見た時にアゴが真下を向きます。

ドライバーショットのように大きく右肩を下げて
アドレスするのはミスのもとです。

あおり打ち、ダフリの原因になります。


(2)ドライバーは軸を少し右に傾ける

ドライバーはティーアップしたボールを
アッパーブローに打ちたいので

上半身を少しだけ右に傾けます。

上半身を右に傾けるので

正面から見た時にアゴが左下を向きます。

ティーの高さによっても傾きは変わります。
あまり傾けすぎるとダフリます。


(3)アドレス時のスイング軸をキープして回転する

「アイアンは地面に垂直」

「ドライバーは少し右に傾ける」

どちらも大切なのは

「アドレス時のスイングの傾きをスイング中キープする」

ということ。

スイング軸が安定すると
ショットが安定しますよ。

腹筋に力を入れると
スイング軸をキープしやすくなります。

 * * *

「ドライバーとアイアンはスイング軸の傾きを変える」
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)アイアンは地面に垂直に立つ
(2)ドライバーは軸を少し右に傾ける
(3)アドレス時のスイング軸をキープして回転する

ドライバーとアイアンでは
他にも違いはいくつかありますが

まずは「アドレスが大切」です。

「アドレス時の上半身の傾き」を
チェックしてみてください。

参考になれば幸いです!



■追伸

メルマガ読者のS様から

「ゴルフコンペで優勝できました。
 年内最後のゴルフでした。」

というメールをいただきました。

S様、コンペ優勝おめでとうございます!
すばらしい打ち納めになりましたね。

読者さんの成果報告をいただけると
本当に嬉しいです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。