golf_dr

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「ドライバーを打つ方向に正しくアドレスするコツとは?」

8割のアマチュアゴルファーは
アドレスの時点で右を向いています。

気づいていない方も多いですが

アドレスの向きがズレているために
狙った場所に打てません。

『良い方向を伴わない飛距離は、全く飛ばない場合より悪い』

と言ったのは3つのメジャー大会を含む
48勝をあげたナンシー・ロペス。

正しく目標方向にアドレスできれば
大幅なスコアアップを期待できます。

正しい方向にアドレスするにはコツがあります。

ということで今日は
「ドライバーを打つ方向に正しくアドレスするコツ」
をシェアします。


■まずは「現状のチェック」を行う

まずは「今のアドレスをチェック」です。

コースで方向が安定しない場合は必須です。

同伴競技者に
「向いている方向がズレているよ」
と言われたら

チェックした方が良いでしょう。

方法は簡単です。

ラウンド時に後方から
スマフォで撮影してもらうと良いです。

これはコースで行わないと意味がありません

ドライバー、アイアン、FWそれぞれに行うとベストです。

クラブによって差があります。

両足の向きよりも
「肩の向き」が重要です。

肩の向きがターゲットラインと
並行になるようにしましょう。



■ドライバーを打つ方向に正しくアドレスするコツ

誰もが癖があります。

右を向きやすい、左を向きやすいなどの癖があります。

向きのズレを軽減するコツをご紹介します。

アドレス時に次のルーティンを試してみてください。


(1)右を向く癖があるなら、右手一本でフェースをあわせる

・右手一本でクラブを持つ

・ボールの横に立ち、フェース面を目標方向にあわせる

・左手を添えて両手でグリップする

最初に右手だけでフェース面をあわせると左側の視界が広くなります。

自然に右を向く癖を軽減できます。


(2)左を向く癖があるなら、左手一本でフェースをあわせる

・左手一本でクラブを持つ

・ボールの横に立ち、フェース面を目標方向にあわせる

・右手を添えて両手でグリップする

最初に左手だけでフェース面をあわせると
右側の視界が広くなります。

自然に左を向く癖を軽減できます。


 * * *

打つ方向に正しくアドレスするコツ
をご紹介しました。

(1)右を向く癖があるなら、右手一本でフェースをあわせる
(2)左を向く癖があるなら、左手一本でフェースをあわせる

慣れ親しんだルーティンを変えるのは不安かもしれません。
試すだけでOKです。

効果があれば取り入れる。

効果がなければ元に戻すだけです。

ゴルファーが目標方向にいつもアドレスできると
ショットが安定します。

アドレスの方向に不安があると
ショット自体も不安定になります。

無意識にリズムが早くなったり
バックスイングが浅くなったりします。

正しくアドレスを出来ているという安心感が
ショットを安定させます。

方向が安定すると大幅なスコアアップが期待できます。

参考になれば幸いです。



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。