iron_ball
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、
 すくい上げる打ち方は無い」

と言ったのは、メジャーを7勝し
その美しいスイングに評価が高いサム・スニードです。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中で
ボールを打つスイング。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
・打感が良い

簡単にいうと

「ショットが正確になる」
「飛距離が伸びる」
「ミスショットが減る」

など、、、スコアアップのために
多くのメリットがあります。

ということで今日は
「ダウンブローの打ち方(肩が開くのを我慢)」
をシェアします。


■ダウンブローの打ち方(肩が開くのを我慢)

(1)ボールを上げようとすると右足に体重が残る

ボールを高く上げたいという思いが強くなると
体重が右足に残りやすくなります。

すくい上げるようなスイングになり
最下点がボールの手前になります。

切り返しで手を使いすぎると
すくい打ちになりやすいです。


(2)切り返しは、肩が開くのを我慢して左足への体重移動から

イ・ボミ選手は

「ダウンスウィングでは肩が開くのを我慢して
体重を左に乗せて腰からスタートする」

と言っています。

肩の開きが早いと
振り遅れになります。

「体重を左に乗せる」を
イメージしにくい場合は

「左足を踏み込む」を意識すると良いです。
iron_down_hidari

体重が自然に左足に移動します。

体重を左足に乗せながらインパクトできます。

肩の開きすぎない
力強いインパクトができます。

 * * *


ダウンブローの打ち方(肩が開くのを我慢)
ご紹介しました。

(1)ボールを上げようとすると右足に体重が残る
(2)切り返しは、肩が開くのを我慢して左足への体重移動から


ダウンブローに打てると
アイアンショットが安定しますよ。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる

参考になれば幸いです!



■追伸

メルマガ読者さんから「ダウンブローに打ちたい」という
要望をいくつか頂いたのでご紹介しました。

アイアンショットの精度があがると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。