impact2

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「インパクトはアドレスの再現」

レッスンではよく聞く言葉ですが
これって本当でしょうか?

実はアドレスとインパクトでは
大きく違います。

それを勘違いすると
無理なスイングになってしまいます。

正しい知識を持つと
上達が早くなりますよ。

ということで今日は
「インパクトとアドレスの違い」
をシェアします。


■インパクトとアドレスの違い

(1)インパクトとアドレスの違いは多い

インパクトとアドレスの違いはたくさんあります。

たとえば、、、

・腰の向きは左に回転していた状態でインパクトする

・肩のラインも多少は開く

・インパクトで左ひざはわずかに伸びる

・トゥダウンするので
 グリップはアドレスより少し上になる


などなど、、、

違いはたくさんあります。

とくに意識的にする必要はありませんが

「インパクトはアドレスの再現」
という言葉にしばられて

無理にスイングを直す必要はありません。

インパクトとアドレスは違うのです。


(2)一番の違いは「腰の向き」

一番大きな違いは「腰の開き」です。

impact2

この図を見るとベルトの正面が
左を向いているのがわかりますよね?

回転の大きさは
プロによっても個人差があります。

インパクトで腰が正面を向いているプロを
見たことがありません。


(3)正しい知識が上達を早める

アマチュアゴルファーはどうしても
練習量が少なくなりがちです。

すくない練習で上達するには
正しい知識が必要です。


 * * *

インパクトとアドレスの違い
ご紹介しました。

(1)インパクトとアドレスの違いは多い
(2)一番の違いは「腰の向き」
(3)正しい知識が上達を早める


参考になれば幸いです!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。