put_line

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすればパット数を減らせるのか?」

パットはスコアの40%を占めるほど重要です。

今日のテーマは「パットの素振り」です。

パットの素振りについては
ボールの後ろで行うプロもいますし

ボールの横で行うプロもいます。


「パットの素振りは横でやるべきなのか?
 
 後ろでやるべきなのか?」

あなたはどちらだと思いますか?


ということで
「パターの打ち方(パットの素振りは横でやる?後ろでやる?)」
をシェアします。


■パターの打ち方(パット数が減る素振りとは?)

(1)パットは「距離感」が大事

パットは距離感が大事です。

「3パットになるのはショートパットが入らないから」

と思っている方も多いですが

大切なのは

「ファーストパットの距離感」です。

ファーストパットの距離感が安定すると
パット数を減らせます。

素振りも「距離感づくり」が最重要です。


(2)ボールの後ろでカップを見ながら素振りをする

ボールの横で素振りをする人が多いようです。

しかし

「多くのプロはボールの後ろでカップを見ながら素振りをします」

私もボールの後ろでカップを見ながら素振りをします。


「横で素振り」と「後ろで素振り」は
絶対にこちらが正解とはいえませんが

「カップを見ながら素振り」は
ぜひ実践してください。

カップを見ながら素振りをすると
距離感がよくなります。


ルーティンとしてはこんな感じです。

・カップの後方で距離感を意識した素振りをする

・カップを見ながら、ボールが転がる様子をイメージしながら行う

・アドレスでは方向性を意識する(フェースの向きをあわせる)

・距離感のイメージが明確なうちにストロークを開始する

 * * *

パターの打ち方(パット数が減る素振り)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)パットは「距離感」が大事
(2)ボールの後ろでカップを見ながら素振りをする

パットはスコアの40%を占めるほど重要です。

もしあなたが

「パットの距離感が悪い」
「3パットを減らしたい」

と思うなら

「ボールの後ろでカップを見ながら素振りをする」
を試してみませんか?

いろいろな気づきがありますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸

札幌は雪の日が続いています。

昨日はめちゃめちゃ寒くて
「最高気温が マイナス11.1度」だったそうです。

最高気温がマイナス11度って、、

スキー場なら最高の
サラサラの新雪が車につもりました。

車の雪下ろしをしてから
インドアの練習場に行きました(^o^)

車の中に忘れていた
缶コーヒーが凍りました。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。