golf_dr

FROM:アオイ
札幌の自宅より

今週、スコアアップの企画を行ったのですが
とても好評でした。

で、、、

企画の中でコメントやアンケートを
お願いしたのですが

「飛ばそうとすると、ついつい腕に力がはいる」

という悩みも多いようです。


勉強熱心なあなたもご存知のとおり

腕に力がはいると
クラブを速くふれません。

腕の無駄な力をとれると
飛距離アップを期待できます。

ということで今日は
「飛距離を出すために力まないでスイングする3つの方法」
をシェアします。


■飛距離を出すために力まないでスイングする3つの方法

(1)グリップを強く握ると飛距離が落ちる

「グリップを強く握ってはいけない」

これは多くのレッスンで言われていることですし
私もそれに賛成です。

グリップを強く握ると腕に力が入ります。

腕に力が入ると、スムーズなスイングができませんし
ヘッドも走りません。

柔らかくグリップして
ヘッドが走る感触を確かめて下さい。

「私はソフトに握っているよ!」

という人でも

まだまだ力が入りすぎているケースは多いです。

ベテランゴルファーでも飛ばそうとすると
グリップに力が入ってしまうものです。


(2)左手の小指、薬指、中指の3本で握る

「左手の3本の指だけはしっかり握る」

というレッスンが有効な方もいます。

小指、薬指、中指の3本でしっかり握ると
他の部分から力が抜けやすいという効果もあります。

「グリップを軽く持つ」

または

「左手の3本の指だけはしっかり握る」

はおすすめです。


(3)アドレス時点で腹筋をしめる(スイング中もキープ)

腕の力を抜こうと意識すると
むしろ力が入ってしまう方もいます。

腕の力を抜く方法として

「アドレス時点で腹筋をしめる」

もおすすめです。

腕以外を意識することで
腕の力みをとる効果があります。

さらに

腹筋に力を入れと前傾角度を
キープしやすくなります。

やり方は簡単です。

・いつもどおりにアドレスする

・腹筋に力を入れる

・腹筋に力をいれたまま
 スイング軸を保ってクルッと回転する

前傾角度がキープされることで
スイング軸が安定しヘッドスピードもあがります。

ショットが安定しますし
飛距離が伸びます。

 * * *

飛距離を出すために力まないでスイングする3つの方法
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)グリップを強く握ると飛距離が落ちる
(2)左手の小指、薬指、中指の3本で握る
(3)アドレス時点で腹筋をしめる(スイング中もキープ)

飛距離を伸ばす方法はいくつかありますが

「力みを取る」も重要なポイントの1つです。

腕やグリップから無駄な力を抜きましょう。

それだけで飛距離が伸びるケースも多いです。

参考になれば幸いです!



■追伸

今週はスコアアップの無料企画を
行ったのですが

最終的に1500名を超える方に
参加いただきまた。

質問やコメントもたくさんいただきました。

ありがたく全部読ませていただきました。

熱心な方が多くて嬉しいです。

今後もいろいろな企画を予定していますので
その時はぜひ参加してください!

企画に参加された方には
ちょっとしたサプライズがあります
ので

明日のメールをお楽しみに!



■追伸2

『同じことを繰り返しながら
 違う結果を望むこと、それを狂気という。』

という有名な言葉がありますが

今までと違う結果をだすためには
今までと違う行動が必要ですよね?

成果を出す人は行動が早いです。

何事もチャンレンジしていきましょう!



■追伸3

昨日、北海道で地震がありました。

結構ゆれて驚いたのですが
怪我もなく無事にメルマガを書いています。

心配して連絡をくれた皆様、
ありがとうございます!



■追伸4

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。