bunker

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「ピンまで30ヤード!距離の長いバンカーショットはどうやって打つ?」


ピンまでの距離が30ヤードもある
バンカーショット。

30ヤードの距離があるバンカーショットは
プロでも簡単ではありません。

あなたはどうやって打ちますか?

「SWで砂を薄くとる」という
難しい打ち方をしていませんか?

実はグリーンに乗せるだけなら
簡単にできる方法があります。

バンカーショットを得意になると
ゴルフが楽になりますよ!

ということで今日は
「ピンまで30ヤード!距離の長いバンカーショットの攻略法」
をシェアします。


■ピンまで30ヤード!距離の長いバンカーショット


(1)「砂を薄くとる」は難しいショット

残り距離が30ヤードというバンカーショットで
S/Wを使うのは危険です。

「砂を薄く取る」という方法もありますが、
これは難易度が高いです。

砂を薄くとる正確なショットが必要です。

「いつもよりスイングを大きく・・・」
というのも簡単ではないです。

アマチュアが無理をすると、
体の動きが必要以上に大きくなり
ボールを直接打ってホームランになります。


(2)S/WではなくA/W、P/Wを使う

オススメはこれです。

「S/Wの代わりに、A/WやP/Wを使う」

ロフトがある分、前に飛ぶ力が大きくなり
30ヤードの距離を打ちやすくなります。

S/Wより低くでて、ランの多いボールになります。


* * *

距離の長いバンカーショットの攻略法
ご紹介しました。

(1)「砂を薄くとる」は難しいショット
(2)S/WではなくA/W、P/Wを使う

バンカーはグリーンも周りにいつもあります。

バンカーショットを得意になると
ゴルフが楽になります。

参考になれば幸いです!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。