golf_dr


FROM:アオイ
札幌の自宅より

「下半身リードで飛ばそうとすると、振り遅れる」

と悩んでいませんか?

下半身リードは飛距離アップに必要です、

しかし

下半身リードのスイングをすると
振り遅れてしまう方は多いです。

ということで今日は
「飛距離を伸ばす下半身リードと振り遅れ防止法」
をシェアします。


■飛距離を伸ばす下半身リードと振り遅れ防止法

(1)腹筋に力を入れる

下半身リードで振り遅れる方は
スイング軸がぶれているケースが多いです。

軸がブレるとヘッドが走りません。

フェースが開いた状態で
インパクトしてスライスになりやすいです。

振りおくれてしまう場合は
腹筋に力を入れましょう。

アドレスからフィニッシュまで
腹筋を固めた状態をキープします。

体幹が安定するとスイング軸がぶれず
インパクトでヘッドが走ります。

ヘッドが走ることで
振りおくれにならず

飛距離アップを期待できます。


(2)切り返しは「左足を踏み込む」

ダウンスイングを「左に移動する」と考えると
軸がブレやすくなります。

ダウンスイングでスウェーになり
軸がブレる場合は

ダウンスイングのイメージを変えると良いです。

「左足を踏み込む」をお試し下さい。

軸ブレにならず
振り遅れを防止できます。


(3)インパクトで手元をピタッととめる

インパクトで手元を減速させると
ヘッドが走ります。

ヘッドが走る感触を体感するドリルがあります。

方法は簡単です。

「インパクトで手元をピタッと止める」

止めようとしても
スイングの勢いがあるので

自然にフェースローテーションが行われ
ヘッドが走りやすくなります。

このドリルで鋭い腕の振りを
身につけてください。

下半身リードをしても
振りおくれずに飛ばせます。

 * * *

飛距離を伸ばす下半身リードと振り遅れ防止法
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)腹筋に力を入れる
(2)左足を踏み込むと自然な体重移動ができる
(3)インパクトで手元をピタッととめる

他にもいくつかポイントはあるのですが
長くなりすぎるので

3つだけご紹介しました。

下半身リードをマスターし
振り遅れを防げると

大幅な飛距離アップを期待できます。

参考になれば幸いです!




■追伸

「飛距離がでない」
と悩んでいる方は多いです。

飛距離不足にもいくつかパターンがあります。

・ヘッドが走っていない
・芯で打っていない
・スイング軌道が悪い
・スライスする、フックする
・高さがでない(または上がりすぎる)
・ランが少ない
・年齢による筋力低下
・グリップが強すぎる
・肩やヒジに力が入りすぎている
・アドレスがズレている

などなど、、

原因により対策は変わります。

自分のスイングを深く理解すると
解決策が見えてきますよ。


自分のスイングを深く理解する方法は、、、

長くなったので別の機会にご紹介します。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。