iron

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、
 すくい上げる打ち方は無い」


と言ったのは、メジャーを7勝したサム・スニード。

ゴルフの上手い人は
アイアンをダウンブローに打ちます。

ダウンブローに打つことで
芯を食い力強いボールを打てます。

アイアンを上達するために
おすすめの練習方法があります。

ということで今日は
「アイアンの芯でインパクトする練習方法」
をご紹介します。


■ダウンブローのメリットは多いです

・芯で打てる

 アイアンはダウンブローで打ったときに
 芯を食うように設計されています

・ライが悪くても打てる

・ロフトが立つので飛距離が出る

・ダフリやトップになりにくい

・スピンがかかりグリーンでボールが「キュッ!」と止まる

など、、、

スコアアップのために
多くのメリットがあります。


■アイアンの芯でインパクトする練習方法

(1)パンチショットで「芯食い」を体感する

アイアンを上達するには
多くの練習ドリルがありますが

「簡単かつ効果が高い」という意味で
パンチショットはおすすめです。

ハーフスイングで
パンチショットを打つという練習です。

パンチショットの練習には
メリットがたくさんあります。

・スイング幅が小さく
 コントロールしやすい

・芯を食う感触をつかみやすい

・不調になったときに行うと
 調子をもどしやすい

・スイングの基本が身につく
 
 ハーフスイングには
 スイングの基礎が詰まっています。

・アプローチの練習にもなる

 ハーフスイングの再現性が高くなると
 アプローチの精度も高くなります。

・フルスイングも力強くなる

 パンチショットの振り幅を大きくすれば
 フルスイングになります。


(2)ハーフスイング(3時−9時)のパンチショットで打つ

アドレスの足幅は少し小さめか
いつもどおりにします。

PW、9番アイアンなど
短いクラブを使うと優しいです。

9時、3時のポジションで
クラブと腕でL字を作ります。

フォローで「ビシッ!」と止めると
力強いショットになりやすいです。


(3)ハンドファーストで低いボールを打つイメージ

ポイントはコレです。

・インパクトはハンドファースト
・低いボールを打つイメージ

ショートアイアンで低いボールを打つと

自然にインパクトで左足体重になります。
自然にハンドファーストになります。

ボールに力が伝わる
パンチショットを打ちやすくなります。

 * * *

アイアンの芯でインパクトする練習方法
ご紹介しました。

(1)パンチショットで「芯食い」を体感する
(2)ハーフスイング(3時−9時)のパンチショットで打つ
(3)ハンドファーストで低いボールを打つイメージ

本当はもっと詳しく解説したいのですが
長くなるので、ポイントだけご紹介しました。

ダウンブローで芯を食うショットを打てると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています!




■追伸

春が近づいていますが
まだまだ芝が薄いところが多いですよね。

芝が薄い場所はアイアンで少しダフると
大きくショートしてしまいます。

ダウンブローに打てると
芝の薄い場所からでも
力強いショットを打てますよ。

大幅なスコアアップを期待できます。




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。