keisya_green
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

こんにちはアオイです。

「どうしたら残り100ヤードを確実に乗せられるか?」

グリーンまで残り100ヤード。

できればピンの近くに寄せて
1パットであがりたい。

少なくとも確実に1回でグリーンに乗せたいですよね?

残り100ヤードを得意になると
大幅なスコアアップを期待できます。

ということで今日は
「残り100ヤードを確実にグリーンオンする方法」
をシェアします。


■残り100ヤードを確実にグリーンオンする方法

(1)平らな場所で100ヤードの精度を高める

コースには傾斜があります。

しかし、、

傾斜に合わせた打ち方を覚える前

「平らな地面からいつも狙った場所に打てる」

を練習します。


平らな地面からいつも狙った場所に打てるようになってから
傾斜に対応した打ち方を覚えます。

まずは練習場で100ヤードを
ワンオンできるように練習しましょう。

「当たり前だよ」と思うかもしれませんが

100ヤード付近は簡単に感じるからなのか
練習量がすくない方が多いです。

スコアに直結しますので
100ヤード付近の練習をしましょう。

ショートアイアンの精度が上がると
長いクラブの精度もあがります。


(2)ショートアイアンは左に飛びやすい(傾斜に注意)

平らな場所で100ヤードの精度を高めてから
コースの傾斜に対応しましょう。

ボールがフェアーウェイにあっても
何らかの傾斜があります。

傾斜によってボール位置や打ち方が変わります。

実際のライと似ている場所で
素振りをしましょう。

素振りをしてクラブヘッドが
地面にさわる場所を確認して
ボール位置を決めましょう。

上り傾斜による距離の調整も必要です。

残り100ヤードはショートアイアンを使うので
ひっかけになりやすいです。

ショートアイアンは傾斜の影響で
ひっかけも出やすいので注意が必要です。


(3)100ヤードは8割のスイングで狙う

100ヤードという距離なら
ウェッジを使うプレーヤーが多いでしょう。

「AWで目一杯ふって100ヤード」では
ショットは安定しません。

PWを使った8割のスイングの方が
安定するかもしれません。

クラブごとに、

「どのくらいの力感でスイングしたときに一番安定するか?」
「どのくらいの飛距離がでるのか?」

を把握しておくとミスが少なくなります。

プロのショット

 * * *

残り100ヤードを確実にグリーンオンする方法
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)平らな場所で100ヤードの精度を高める
(2)ショートアイアンは左に飛びやすい(傾斜に注意)
(3)100ヤードは8割のスイングで狙う

ショートアイアンの精度が高くなると
ミドルアイアン、ロングアイアンも打てるようになります。

アイアンの精度に自信が持てると
ドライバーで飛ばそうと無理をしなくなります。

結果としてティーショットのミスも減るわけです。

アイアンの精度がよくなると
大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです!




■追伸

ゴルフが上手い人はアイアンがうまいです。

クラブの進化により
インパクトで多少だふっても

ミスをクラブがカバーしてくれますが

やはりアイアンが上手い人はダウンブローに打ちます。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。