rahu2
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば80ヤード以内の距離を打ち分けられるのか?」

ゴルフは80ヤード以内のプレーが
スコアに大きく影響します。

80ヤード以内の距離を正確に打てるようになれば
スコアは素晴らしいものになります。

ということで今日は
「80ヤード以内の距離を正確に打ち分ける方法」
をシェアします。


■80ヤード以内の距離を正確に打ち分ける方法

アプローチの距離の打ち分けは2種類あります。

「視覚派」と「振り幅派」です。


(1)視覚派(イメージ重視型)の距離打ち分け

「視覚派」は目からみた情報の「感覚」で
距離を作る方法。

落とし所をみながら素振りをして
イメージで距離感をあわせます。

素振りのイメージが消えないうちに
ボールを打ちます。

視覚派は練習量、ラウンド量が必要です。

頻繁にラウンドをする人は
この方法が良いケースが多いです。


(2)振り幅派の距離打ち分け

「振り幅派」は振り幅によって距離を測定しておく方法。

腕を時計の針に見立てて、
3種類の振り幅でボールを打ちます。

その平均飛距離を記録しておきます。

たとえばSWは

・8時ー4時の振り幅は32ヤード
・9時ー3時の振り幅は50ヤード
・10時ー2時の振り幅は65ヤード

何球かボールを打ち
平均飛距離を求めます。

AW、PWでも同様に3種類の距離感を確認する。

すると3本のクラブで9種類の距離の基準ができる。

9種類の距離の基準があれば
ピンの近くに止められる可能性は高くなります。

ラウンド数が少ない人は
振り幅で決めた方が良いでしょう。

感覚というのは狂いやすいですから。

クラブ毎に3種類の距離を一覧にしておくと良いです。

「3つの距離の基準」をクラブのシャフトに貼っておく
という方法もオススメです。


 * * *

80ヤード以内の距離を正確に打ち分ける方法
ご紹介しました。

「視覚派」と「振り幅派」の
どちらの方法で距離を打ち分けても良いです。

ただ、、、

「ラウンド数が月に数回」という場合は
振り幅で基準を作る方法をオススメします。

ゴルフは80ヤード以内のプレーが
スコアに大きく影響します。

ほんの少しだけ
アプローチの精度を高めるだけで

大幅なスコアアップを期待できます。

なぜなら、

ファーストパットの距離が

2メートルになるのか
1メートルになるのか

この違いはスコアに大きな差になるからです。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。