golf_rensyuu
FROM:アオイ
札幌の自宅より

ゴルフクイズです。

「ボールを打つ」と「素振り」と

ゴルフの上達が早いのはどっち?



考えてくださいね。



正解は、、、

「どっちも必要!」


「なんじゃ、そりゃ!」
と思ったかもしれませんが大真面目です。

ボールを打つ練習も必要ですし
素振りも必要です。

両方とも必要ですが
今日は「素振りの大切さ」をお伝えしたいです。

なぜなら、「素振り」が不足している方が
多すぎるからです。

ということで今日は
「ボールを打たない素振りこそが最強」
をシェアします。


■ボールを打たない素振りこそが最強

(1)強いプロは「素振り」をする

1969年から5年連続でマスターズに出場。

マスターズ初出場で13位の成績をおさめた
河野高明プロはこのような名言を残しています。

『アマチュアの皆さんはあまりにも素振りを軽視している』

『毎日欠かさない素振りが一番の先生』

今年引退を決めたイチロー選手は
毎日自宅で素振りをしていたそうです。

このように、

強い選手ほど「素振り」を大切にしています。


(2)イ・ボミ選手のジュニア時代「1球打ったら5回は素振り」

イ・ボミ選手がジュニア時代に
素振りをたくさんしていた話は有名です。

経済的な理由もあったそうですが

ゴルフを始めたばかりの頃は
ボールを打たずに、ひたすら「素振り」。

ボールが打てるようになってからも

「1球打ったら5回は素振り」

という練習をしていたそうです。

イ・ボミ選手の強さの秘密の1つは
素振りかもしれませんね。


■スイングがギクシャクするのはボールを意識しているから

古いレッスンでは

「上手くなりたかったらトラック1台分のボールを打て」

なんて言っていたようです。

昭和のスポ根ですね。

スポ根は嫌いではないですが

ゴルフにおいて

「ボールをひたすら打つ」は危険です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

練習場でボールを打つと
ボールの弾道が気になります。

ボールがスライスすれば
無理に手首をかえしたり

ボールが上がらなければ
すくいうちになったり

スイングを直すべき練習なのに

ボールを打つことが
目的になってしまう。

気づけば「ギクシャクしたスイング」になります。

熱心な人ほど
ボールをたくさん打ち

スイングに悪いクセを
つけてしまうのです。


■ボールを打たない素振りこそが最強

素振りのメリットはたくさんあります

・いつでもできる

・どこでも出来る

・費用がかからない

・ボールを意識しないのでスイングがスムーズになる

・反復練習をしやすい

・ボールの行方をきにせず
 体の動きに集中できる


などなど、、、

スイングを磨きたいなら
ボールを打つより素振りです。


■素振りならなんでも良いのか?答えは「NO」

ただし、素振りのやり方を間違えると失敗します。

じゃあ、どんな素振りをすると良いのか?

素振りの種類はたくさんあります。

誤解をおそれずに言うと
素振りには大きくわけて

2つのタイプがあります。

・正しいスイングの素振りをする

・課題に合わせた素振りをする


■「正しいスイング」で素振りをする

「正しいスイングの素振り」とは
そのままの意味。

正しいスイングを学んで
それを意識して素振りをします。

意識して正しいスイングをすれば
徐々に無意識にできるようになります。

間違った素振りを反復練習をしても
わるいクセが定着するだけです。


■素振りにも種類がある「課題にあわせた素振りを選べば、上達は何倍も早い」

大切なのはここから、、

もっと効果的なのは

「課題にあわせた素振りをする」です。

ゴルファーのスイングは十人十色。

人によって課題も目標も違います。

たとえば

・ミート率を上げたいのか?
・ヘッドスピードを上げたいのか?
・スウェーを減らしたいのか?
・トップをコンパクトにしたいのか?
・ダウンブローに打ちたいのか?
・力みをとりたいのか?
・ドライバーショットを安定させたいのか?
・アプローチの再現性を高めたいのか?

など、、、

あなたの課題にあわせて
素振りの種類を選べば

より短期間に成果がでますよ。


■普段の練習は「素振り3回、ボールを打つ1回」

じゃあ、素振りだけすれば良いの?

といえば、ボールを打つ練習も必要です。

ボールを打つことで

「どんな弾道になるのか?」

がわかります。

実際にボールを前にすると
スイングが変わってしまうケースも多いです。

普段の練習は

「素振り3回して、ボールを打つ」

を習慣にすると

実際のコースでは素振りのようにスムーズなスイングで
ボールを打てますよ。

 * * *

ボールを打たない素振りこそが最強という話をしました。

長くなったのでまとめます。

・スイングがギクシャクするのはボールを意識しているから
・素振りならなんでも良いのか?答えは「NO」
・「正しいスイング」で素振りをする
・素振りにも種類がある「課題にあわせた素振りを選べば、上達は何倍も早い」
・普段の練習は「素振り3回、ボールを打つ1回」


今日は重要な話をしました。

何度も読みかえして
理解を深めていただければ嬉しいです。

この記事を最後まで読んでくれたあなたは
勉強熱心な方だと思います。

勉強熱心なゴルファーほど
知識は十分あるものです。

あなたがスコアアップするための
最後の1枚のピースは「素振り」かもしれませんね。

あなたは素振りをしていますか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あなたは、どんな素振りをしますか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!

応援しています!




■追伸

最近、飛距離アップの練習ばかりをしていたので

思った以上にアイアンの飛距離も伸びていて

昨日のラウンドでは
グリーンの奥に打ってしまうケースが多かったです。

アイアンは距離をコントロールできないと駄目ですね。

ゴルフは本当に奥が深いスポーツです。

だからこそ、面白いんですね。