put8

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすれば、パット数を減らせるのか?」

この記事を読んでくれている
ゴルフに熱心なあなたなら

パットの重要性はご存知でしょう。

パット数はスコアの4割をしめます。

パット数を減らせると
大幅なスコアアップを期待できます。

ということで
「パターの打ち方(指先でグリップをするな!)」
をシェアします。


■パターの打ち方(指先でグリップをするな!)

(1)パット数はスコアの4割をしめる

だいたい、、、

スコア100の方はパット数40。

スコア90の方はパット数36。

スコア80の方はパット数32。

人により差はありますが
だいたいこれくらいです。

パットがスコアにしめる割合って多いですよね。

もしスコアとパットを比べて
「パット数がスコアの4割以上」なら

パットを集中的に練習すると良いでしょう。


(2)一番大切なのは「アドレス」と「グリップ」

スイングについては勉強熱心な方が多いですが

パットについて知識が不足している方は多いです。

パターのアドレスとストロークは

自己流の方が多いので
伸びしろが多い分野です。

一番大切なのは「アドレスとグリップ」です。

正しい技術に裏付けされた
アドレス、グリップをしていれば

距離感も安定しますし
方向も安定します。

パターのアドレスには
ポイントはいくつかあります。

たとえば

・肩のラインを目標方向と平行にする

 ストロークの軌道は肩のラインできまります。
 スタンスの向きより、肩のラインが大事です。

 肩のラインが目標方向と平行なら
 スタンスはオープンでもクローズでもokです。

・背骨の軸をを傾けない

本人は気づいていませんが

アドレスの時に
背骨が左右に傾いている方は多いです。

アドレスで背骨が左右に傾いていると
ストロークが安定しません。

・肘をひらきすぎると
 ストロークが安定しない

・グリップはパームグリップ

などなど、、

今回はグリップ(握り方)について
少しだけ掘り下げます。


(3)パターは手のひらでグリップする(パームグリップ)

パターのグリップ(握り方)は
他のクラブとは違います。

ドライバーやアイアンと同じグリップはおすすめしません。

グリップ(握り方)を変えた方が良いです。

おすすめは

「パターは手のひらでグリップする(パームグリップ)」

ということ。

ドライバーやアイアンは
指を使ってグリップします。

ドライバーやアイアンは
ヘッドを走らせてボールを遠くに飛ばしたいからです。

リストコックを使い
ヘッドの運動量を増やします。

パターは繊細な距離感をだしたいので
コックをあまり使いたくない。

手のひらでグリップすると
手首の動きがすくなくなり

肩を使ったストロークをしやすくなります。

ストロークが安定して
距離感と方向性が安定しやすいです。


 * * *

パターの打ち方(指先でグリップをするな!)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)パット数はスコアの4割をしめる
(2)一番大切なのは「アドレス」と「グリップ」
(3)パターは手のひらでグリップする(パームグリップ)

パターについてお伝えしたいことは
他にもたくさんありますが

長くなるので別の機会にしますね。

大切なのは

「パターはスコアの4割をしめる」

「研究不足、練習不足の方ほど伸びしろが大きい」

ということ。

独学でも良いですし
誰かに習っても良いです。

パットについて研究するのも
面白いですよ。

パット数を減らせると
大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです!



■追伸

ドライバーやアイアンに比べて

パターって人気が低いテーマなんです。

スコアアップには重要なのですが。

パターについて興味があれば

「いいね」ボタンを押してください。

好評であればパターについて
掘り下げていこうかなと思います。

ブログやFacebookにコメントして
頂けるのも嬉しいです。