put8
FROM:アオイ
札幌の自宅より


こんにちはアオイです。

今日で募集を終了します。

−−−−−−−−−−−−−−−

「パット上達の秘訣」に興味がありましたら
登録しておいて下さい。

【無料】でレポートを手に入れる

https://putternotatsujinopt.e-golfschool.com/

本日、募集を終了します。

※3つのレポートは、明日6/23から3日間でお届けします!
−−−−−−−−−−−−−−−



「パットの距離感があわない・・・」

と悩んでいませんか?

もしあなたが、パット数を減らしたいなら

パットについて面白いデータをご紹介します。


これを知るだけで
パット数を減らせるかもしれません。

ということで今日は

『パットの転がる距離は「上り」「下り」では3倍も違う?』

をシェアします。


■パット上達の3つの秘訣とは?

パットを上達するポイントは
大きくわけて3つあります。

・グリーンを正確に読む

・距離感の精度を高める

・狙った方向へ確実に打つ


どれも重要なのですが

意外と軽視されているのが

「グリーンを正確に読む」です。


ですが「グリーンを正確に読む」は重要です。

なぜなら、

上りと下りで、ボールの転がる距離が大きく変わるから。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



■パットの転がる距離は「上り」「下り」では3倍も違う?

(1)強めの傾斜では転がる距離が「上り」と「下り」は3倍違う

一般的な9フィートのグリーンで
調査したデータをご紹介します。


斜度2.5度でボール転がした場合、

下りは平均で500センチ(5メートル)転がる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


次に「同じ強さ」で、上り斜面でボールを転がすと


上りは平均で180センチ(1.8メートル)転がる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


斜度2.5はやや強めの傾斜です。

つまり少し強めの傾斜では

仮に「下り」と同じタッチで打った場合

「上り」は1/3程度しか転がらないことになるわけです。


強めの傾斜では転がる距離が「上り」と「下り」は3倍違うのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



(2)普通の傾斜でも転がる距離は「上り」と「下り」で2倍違う

一般的な傾斜ではどうでしょうか?

普通の傾斜の、斜度2度なら

「上り」は「下り」の転がる距離に比べて
1/2程度というデータがあります。


普通の傾斜でも転がる距離は「上り」と「下り」で2倍違うのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



(3)下りで大オーバー、上りでショートになる理由はコレ

傾斜によって、2倍も3倍も転がる距離がかわるので

傾斜を正しく読めないと

下りで大オーバー

上りでショート

そして3パットとなるわけです。

よくあるパターンですよね?

グリーンを正確に読むことは
カップインをするためにも重要ですが

距離感の精度を高めるためにも重要です。



■パットを上達するために、絶対に知っておくべきこと

パットはスコアの4割をしめますが

パットを上達するポイントは
大きくわけて3つあります。

・グリーンを正確に読む

・距離感の精度を高める

・狙った方向へ確実に打つ


今回は「グリーンを正確に読む」をテーマに
お話しました。


他にもパットを上達するために、
絶対に知っておくべきことがあります。


「パット上達の秘訣」に興味がありましたら
登録しておいて下さい。

【無料】でレポートを手に入れる

https://putternotatsujinopt.e-golfschool.com/

※本日、募集を締め切ります。


あなたは今まで熱心に
何年間かもゴルフをしてきたと思います。

あなたは9割がた目標達成の場所に
たどりついています。

あなたが目標スコアを達成する
最後のピースが「パット上達」かもしれませんね。

ゴールはもう少しです。

応援しています!