happygolf
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「なぜ、一般ゴルファーもパット30以下を目指すべきなのか?」

という話をします。


読者さんからこんなメールをいただきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
80台半ばでラウンドするのですが
パット数が36を越えます。

これが悩みです。
何とか32くらいで収めたい。

80切り熱望。
−−−−−−−−−−−−−−−−−

パットの重要性が伝わっていて嬉しいです。

80台半ばでパット数が36を超えているのは
多いですね。

できれば、、、

30以下を目指してほしいです。

熱望の80切りを達成できますよ。

ということで今日は
「パット数30以下を目指すべき3つの理由」
をシェアします。


■女子プロの平均パット数

18ホールを全部2パットであがると
パット数は「36」です。

だからといって
36で満足していませんか?

女子プロの平均パット数はこちら、

【平均パット数(1ラウンドあたり)トップ10】
(LPGA 2018年度)

1位:勝みなみ 28.2762
2位:鈴木愛  28.5867
3位:原江里菜 28.8706
4位:森田遥  28.9029
5位:アン・ソンジュ 28.9647
6位:ジョン・ジェウン 28.9681
7位:新垣比菜 29.0824
8位:ささきしょうこ 29.2778
9位:佐伯三貴 29.2840
10位:黄アルム 29.3611

さすが上位10名の選手は
平均パット数30を切っています。

「そりゃー、プロとアマは違うよー」

と思うかもしれませんが

彼女たちは試合での平均パット数が
30を切っています。

・私達より、強いプレッシャーのかかる優勝争いの中で

・私達より、はるかに難しいグリーンで

・私達より、はるかに高いパーオン率で

平均してパット数30を切っているのです。

たまに30を切るのではなく
平均というのがポイント。


■パット数「30以下」を目指すべき3つの理由

パットは筋力も体力も必要ありません。

一般ゴルファーだって
30以下を目指していいんです。

(というか、目指すべきなのです)

理由は3つあります。

・スコアが大幅にアップするから
・プロの試合に比べて優しいグリーンだから
・寄せワンでパット数を減らせるから

順番に説明します。


(1)スコアが大幅にアップするから

多くのゴルファーのスコアの4割はパットです。

誤解をおそれずにいうと
だいたいこんな感じです。

スコア100なら、パット40

スコア90なら、パット36

スコア80なら、パット32


パット数「29」になると
どうなるでしょうか?

単純にパット数を減らすと、、、

100(40) → 89(29)

 90(36) → 83(29)

 80(32) → 77(29)


スコア100の人はあこがれの80台達成!

スコア90の人は83。

あと少しミスショットを減らせば
夢の70台が見えてきます。

スコア80の人は77。

このあたりからスコアを縮めるのは
難しくなってきます。

いかがでしょうか?

パット数「30以下」を目指したくなりませんか?


(2)プロの試合に比べて優しいグリーンだから

アマチュアがラウンドするグリーンと
プロが試合をするグリーンは難易度が別物です。

プロが試合に使うグリーンは速いです。

アマチュアが通常ラウンドするグリーンは

プロの試合のグリーンに比べて
遅くて優しいグリーンです。

グリーンが遅いと
左右の曲がりも小さく
なりますし

繊細なタッチも要求されません

プロに比べてとっても楽な状況で
パットをしているわけです。


(3)寄せワンでパット数を減らせるから

女子プロのパーオン率はこちら

【パーオン率トップ10】
(LPGA 2018年度)

1位:申 ジエ   75.3358
2位:比嘉 真美子 74.5643
3位:イ ミニョン 73.3959
4位:松田 鈴英  72.7881
5位:O.サタヤ  72.7451
6位:原 英莉花  72.6190
7位:穴井 詩   72.5225
8位:李 知姫   72.2840 
9位:東 浩子   72.0449
10位:小祝 さくら 72.0202

さすが上位選手のパーオン率は凄い。

72-75%というパーオン率です。

上位の選手じゃなくても
だいたい6割はパーオンします。

当然、

パーオンしているホールは
寄せワンをねらえません。

一般ゴルファーはというと

スコア90のゴルファーのパーオン率は
16.7%というデータがあります。

パーオンしないので
寄せワンを狙える回数が多いです。

グリーンが優しいので
アプローチで寄せるのも優しいです。

プロよりも優しいグリーンで
寄せワンの機会も多いので

寄せワンでパット数を減らしやすいのです。

 * * *

パット数「30以下」を目指すべき3つの理由

ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)スコアが大幅にアップするから
(2)プロの試合に比べて優しいグリーンだから
(3)寄せワンでパット数を減らせるから


プロのように平均30以下を目指すのは
さすがに厳しいかもしれませんが

調子の良い日は「30を切る」というだけでも

ベストスコア更新のチャンスは
何倍にも増えますよ。

当然、平均スコアもアップします。

プロに比べて優しいグリーンで
パーオン率も低いからこそ

アマチュアだって30以下を目指せるのです。

参考になれば幸いです!




■追伸

最近ラウンドした
スコアカードを取り出し

計算してみてください。

もしあなたのパット数が29になったら

あなたのスコアは
どれほどよくなるでしょうか?


少しでもパットを上手くなりたいと
思ってもらえたなら

今回の記事を書いた苦労がむくわれます。

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!
応援しています!