put_line
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすれば、1.5メートルのパットを確実に入れられるのか?」

1.5mのパットを確実に入れる事ができたら
ゴルフスコアは驚くほど良くなります。

曲がるラインだと難しいでしょうが
真っすぐ上りの1.5mのパットは入れたいです。

ということで
「1.5mのパットを確実に入れる打ち方」
をシェアします。


■1.5mのパットを確実に入れる打ち方

1.5mを確実に入れるには
「ねらった方向に正確に打てるか?」
が勝負です。

ポイントを3つご紹介します。

・フェース面の向きが勝負

・芯で打つ(芯を外すとフェースの向きは大きく変わる)

・芯あたってしまうストロークを練習する



(1)フェース面の向きが勝負

パターの方向性はストロークの方向性よりも
フェース面の向きが大切です。

パットではフェースとボールの接触している時間が一瞬です。

そのためストロークの方向は
ボールの転がる方向に殆ど影響を与えません。

フェース面が向いている方向にボールは転がります。

試してみてください。

フェース面を目標方向に合わせて、
ストローク軌道を少し斜めに打ってみましょう。

驚いたことに、

ストローク軌道は斜めでも
フェース面の向きにボールはころがりましたね?

これは、距離が短いほどその傾向が強くなります。

そのため

「アドレスで狙った方向に正しくフェース面をむけられるか?」

「インパクトで狙った方向に正しくフェース面をむけられるか?」

が勝負になります。

ちなみに、、、

2mのパットではフェースの角度が
1.5度ずれるとカップを外れます。

かなりシビアな世界ですね。


(2)「芯で打つ」芯を外すとフェースの向きは大きく変わる

狙った方向に打ち出すには
「芯で打つ」も大切です。

芯を外すとフェースの向きは大きく変わります。

トゥ側でボールを打つとフェースが開きます。

ヒール側でボールを打つとフェースが閉じます。

フェースの向きが変わると
ショートパットをはずしてしまいます。

「芯で打つ」が大事な理由は
方向性が安定するだけではありません。

芯で打つと距離感が安定します。

芯で打つと転がりの良いボールになり
カップに入りやすくなります。


(3)芯あたってしまうストロークを練習する

ドライバーやアイアンに比べて
パットの動きは小さいです。

そのため、

「芯で打つのは難しくない」
と思っている方も多いです。

しかし

パットはそんなに甘くないです。

芯を外すとボールの転がる距離は変わります。
1cm足りなければ入らない。

2mのパットではフェースの角度が
1.5度ずれるとカップを外れる。

それほどシビアな勝負です。

「芯で打とう」とコースで
気をつけても無理です。

芯にあたってしまうストロークを
ラウンド前に練習しましょう。

事前に練習をしておけば
コースでは距離や傾斜に集中できます。

 * * *

1.5mのパットを確実に入れる打ち方をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)フェース面の向きが勝負
(2)芯を外すとフェースの向きは大きく変わる
(3)芯あたってしまうストロークを練習する

1.5mのパットを確実に入れる事ができたら
ゴルフスコアは驚くほど良くなります。

パットはスコア全体の40%を占めます。

誰かに習っても良いですし
独学でも良いです。

スコアを伸ばしたいならパットを練習しましょう。

ほとんどのゴルファーは
パットの練習が不足しているので

大幅なスコアアップを期待できます。

応援しています!