apr_houdai

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「飛距離150yでも100を切る方法とは?」

先日の記事で
「100切りが目標ならドライバーは180y飛べば十分」
という話をしました。

その記事にこんなコメントをいただきました。
(文章は要約しています)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この冬はヘッドスピードアップに取り組み
プロからはその成果がコースで出るだろうと言われながら
むしろスコアは悪化している。

飛距離は良いときは180yに達するが
確率的には150yがやっと。

100切りのためにドライバー距離180yと言われると
ガッカリしてしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントありがとうございます!

ガッカリさせてしまったお詫びに
補足の記事をかきます。


ドライバーの平均飛距離が150yでも
100切りはできます。

ということ今日は
「飛距離150yでも100を切るシンプルな方法」
をシェアします。


■「冬の間にヘッドスピードアップに取り組む」は賢い選択

もしあなたの課題が飛距離アップなら
冬の間にスピードアップを目指すのは賢い選択です。

ヘッドスピードをあげると
ドライバーの飛距離はのびますし

アイアンの飛距離も伸びます。

体の回転が早くなると
最終的にショットも安定します。

早くまわるコマは安定し
止まりそうなコマはゆらゆらしますよね?

ただ、、、

ヘッドスピードを上げる練習により
短期的はショットは不安定になります。

スイングのリズムが変わるからです。

スイングのリズムが変わると

ドライバーだけでなく、アイアンやアプローチも
一時的に不安定になります。

一時的なことなので安心してください。

素振りを繰り返すと
スイングが安定しやすいです。


ヘッドスピードをあげる練習で
スイングのリズムを変えたら

新しいリズムでショットを安定させるために
一定期間が必要です。

そのため、

もしあなたの課題が飛距離アップなら

シーズンオフ中にヘッドスピードを上げる練習をするのは
賢い選択です。

ラウンドを行うシーズン中に
ショットが不安定になると
ついつい元に戻したくなりますから。


で、、、重要なのは

「もしあなたの優先課題が飛距離アップなら」

という部分です。

本当にあなたの優先課題は飛距離アップなのか?


■本当にあなたの優先課題は飛距離アップなのか?

飛距離がでた方が有利なのは
間違いありません。

ただ、、、

ゴルフの目標スコアにより
必要となる技術は変わります。

こちらも参考にしてください。

ゴルフの目標スコアにより、必要となる技術は変わる


その人の目指すゴルフスタイルでも
優先課題は変わります。

飛距離がでないなら
スコアはショートゲームでカバーできます。

ドライバーの平均飛距離が150yでも

ショートゲームを磨けば100は切れます。


■飛距離150yでも100を切るシンプルな方法

(1)アプローチで寄せて3パットをへらす

安定して100を切れるゴルファーでも
パーオン率は20%以下です。

今より20ヤード飛ばそうとして
ドライバーを振り回すより

アプローチで寄せて
3パットを減らした方が

スコアアップの近道です。


(2)ベテランだからこそ、知識と経験を活かせる

年齢を重ねれば
ドライバーの飛距離はおち

セカンドショットで使うクラブは
長くなります。

しかし、

ベテランの年配ゴルファーには

若手にはない
長年のゴルフの知識と経験があります。

コースの状況にあわせたコースマネジメントや
ショートゲームを磨けば

いくつになっても
ゴルフは上手くなれますし

飛距離150yでも100を切れます。


(3)転がしのアプローチを極める

では何をすべきか?

これは人によって違うのですが

多くの場合「転がしのアプローチを極める」は
スコアアップに直結します。

「グリーンの近くにいったら
 安定して寄せワンを取る」

それができれば

無理にパーオンを狙わないで良いので

グリーンまわりのバンカーに入る回数も減らせます。

難しいアプローチが残る回数も減ります。

「飛ばさなくて良い」と思えれば
大きなミスも減ります。


(4)ゴルフはバランスのスポーツ(弱点を伸ばす)

ゴルフはバランスのスポーツです。

弱点を伸ばすとスコアを伸ばしやすいです。

学校の勉強でたとえると
「赤点をなくす」というイメージです。


国語 90点
算数 30点
理科 60点

合計点を10点あげるために

国語の90点を100点にするより
算数の30点を40点にする方がはるかに簡単です。


「転がしのアプローチが大事」といいましたが

すでにアプローチが上手い人なら
伸びしろは少ないです。

他にやるべきことがあるでしょう。

あなたの課題にあわせて練習をすれば
より簡単にスコアを伸ばせますよ。


ゴルフに必要なスキルはたくさんあります。

・ドライバー(飛距離、安定性)
・アイアン (飛距離、安定性、傾斜から打つ)
・アプローチ(距離別、状況別)
・パット(ロングパット、ショートパット、グリーンを読む)
・コースマネージメント

などなど、、、

ただパワーがあれば勝てるわけでもなく

ただスイングが良ければ勝てるわけでもない。

それがゴルフの面白さですね。

「何をすれば自分が目指すゴルフに近づけるのか?」
を明確にして実践すれば良いわけです。

 * * *

「飛距離150yでも100を切るシンプルな方法」
ご紹介しました。

(1)アプローチで寄せて3パットをへらす
(2)ベテランだからこそ、知識と経験を活かせる
(3)転がしのアプローチを極める
(4)ゴルフはバランスのスポーツ(弱点を伸ばす)

あなたは、あなたが思っている以上に
良いスコアをだせる実力を持っています。

ゴルフはバランスのスポーツなので

あなたが伸ばせる部分は
たくさんありますよ。

短期間にスコアアップをしたいなら
弱点に集中すれば良いです。

応援しています!




■追伸

平均飛距離を伸ばすなら

ヘッドスピードを上げるという方法もありますが

ショットを安定させるという方法もあります。

同じ「飛距離アップ」という課題でも
人によってやるべきことがかわるわけです。

結局は

「バランスよくスキルを伸ばす」

「自分の優先課題を見つける」

がポイントなわけです。




■追伸2

昨日のブログ記事に
「このブログは、今では私のバイブルです」
というコメントをいただきました。

ありがとうございます!

他にもブログ記事を読んでくれた方から
あたたかいコメントを多数いただいています。

メールでもすばらしい感想を頂いています。

全部には返信できていませんが

ブログへのコメントやメールの感想はすべて
ありがたく読ませていただいてます。

感謝です!



■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。