golf_dr
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ドライバーショットが左にひっかける」

と悩んでませんか?

チーピンと呼ばれるショットです。

先日、ブログにこんなコメントを頂きました。
(要約しています)

ーーーーーーーーーーーーーー
泣きたくなるくらいのドライバーショット。
ドライバーは5回も左に引っかけました。
ーーーーーーーーーーーーーー

チーピンになる原因は
複数ありますが

「アドレスで右肘が左肘より前に出ている」

というケースもあります。

これは気づいていない方が多いです。

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(左へのひっかけ、チーピンの意外な原因と直し方)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(左へのひっかけ、チーピンの意外な原因と直し方)

(1)チーピンの原因は「フェースが大きくかぶっている」

ボールはフェース面の向きに飛びだし
スイング軌道の影響で曲がります。

細かい話は省きますが

チーピンの原因は
「インパクトでフェースが大きくかぶっている」
という状態です。


(2)アドレスで右肘が左肘より前にでていないかチェック

プロより強いと言われた
トップアマの中部銀次郎さんは

『ゴルフで最も大事なのは、グリップとアドレス』

と言いました。

チーピンも「グリップとアドレス」に
原因があるケースが多いです。

チーピンになる原因の1つが

「アドレスで右肘が左肘より前に出ている」

というケースです。

アドレスで右肘が左肘より
前にでていると

ダウンスイングで右肩が前にでて
フェースがかぶり

チーピンになりやすいです。

右肘と左肘のラインを揃えましょう。
ad_hizi

「肩のライン」と「両肘のライン」を
ターゲットラインと並行にしましょう。

(3)右肘にゆとりを持つ

グリップで右手が左手より下にあるため
アドレス時に右肘が伸びていると

右肘が前にでやすいです。

右肘から力をぬいてアドレスしましょう。


(4)小さな改善が大幅な飛距離アップ、スコアアップにつながる

「アベレージゴルファーが進歩するときは、
ワンストロークずつ良くなるわけではない。
進歩は一気にやってくる」

と言ったのは伝説のレッスンプロ
ハービー・ペニックです。

アベレージゴルファーとは
スコア100前後の平均的なゴルファーのことです。

チーピンやスライスは大幅に飛距離を落とします。

飛ばそうとスイングを頑張るより

アドレスでミスショットを直す方が簡単です。

アドレスを少し見直すだけで
ミスショットが激減し

大幅な飛距離アップも可能なので

「小さな改善が大幅な飛距離アップ、スコアアップ」

につながるわけです。

 * * *

ドライバーの打ち方(左へのひっかけの意外な原因と直し方)
シェアしました。

長くなったのでまとめます。

(1)チーピンの原因は「フェースが大きくかぶっている」
(2)アドレスで右肘が左肘より前にでていないかチェック
(3)右肘にゆとりを持つ
(4)小さな改善が大幅な飛距離アップ、スコアアップにつながる

今回、一番お伝えしたいのは

「小さな改善が大幅な飛距離アップ、スコアアップにつながる」

ということです。

長年ゴルフをしてきて
飛距離やスコアが停滞していると

「自分はもう上手くなれないのかな」

という気持ちになるかもしれません。

でも、あきらめる必要はありません。

ちょっとした気づきが
大幅な飛距離アップやスコアアップに

つながるケースは多いです。


「ゴルフに年齢はない
これを行う強い意志さえあれば
何歳からでも上達する」

と言ったのはベン・ホーガン。

応援しています!



■追伸

裏で「シングルゴルファーになる方法」
という企画を行っています。

「自分にはシングルなんて無理だよ」

と思う方もいるかもしれませんが

正しい知識と、正しい練習をすれば
短期間にスコアアップできますよ。

応援しています!



■追伸2

最近、読者さんに頂いた質問を読んでから
記事を書いています。

ブログやメルマガを
一方的な情報発信で終わらせるのではなく

「独学ゴルファーが集まって
 ワイワイと楽しめる場所を作りたい」

という思いがあるからです。

ネット上の部活やサークルみたいな
イメージに近いかもしれません。

「独学ゴルファーが集まって
 ゴルフを楽しみながら上達するコミュニティにしたい」

と考えています。

そのため

企画をやったり、アンケートをお願いしたり
コメント、質問をお願いしたりしています。

ぜひ、企画への積極的な参加と

Facebook、ブログのコメントや

LINEやメールに返信して
感想をいただけると嬉しいです。



■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。