JUUSINN
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすれば飛距離がのびるのか?」

もしあなたが
「飛距離がでない」「ヘッドスピードがでない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

ヘッドスピードがあがると
ドライバー、アイアン、FWなど

全てのクラブの飛距離が伸びます。

短いクラブでグリーンを狙えるので
パーオンしやすくなります。

ヘッドスピードを上げるためには
「下半身を使う」が大切です。


ということで今日は
「下半身を使ってヘッドスピードをあげる方法」
をシェアします。


■下半身を使ってヘッドスピードをあげる方法

ヘッドスピードが1m/s伸びると
飛距離は6ヤードほど伸びます。


(1)下半身が飛距離のエンジン

飛距離を伸ばすには
上半身と下半身の捻転差は重要です。

そのため

「下半身を動かさずに、上半身を回そう」

と考える方も多いですが

ちょっと危険な場合があります。

下半身を積極的に使うことで

上半身と下半身の捻転も強くなり
飛距離を伸ばせます。


(2)プロのゆったり見えるスイングも下半身を強く使っている

先日、こんな質問をいただきました。

「女子プロのようにゆったりしたスイングで飛ばしたい」


どっしりと安定したスイングで
下半身の動きがすくなく見えるかもしれませんが

実は女子プロは多くのアマチュアより
積極的にスピーディーに体を動かしています。


積極的に力強く
スピーディーに体を動かしていますが

無駄な動きがすくないので
結果的にゆったりと見えるのです。

ゆったりと見えるのは
スイングに無駄な動きがすくないからです。

飛ばすためには積極的に
下半身を動かす必要があります。


(3)特に重要なのは「ダウンスイングでの左足踏み込み」

ではどうすれば良いのか?

重要なポイントはいくつかありますが

重要なポイントの1つが
「ダウンスイングでの左足の踏み込み」です。

切り返しのタイミングです。

上半身はまだバックスイングをしていて

上半身のバックスイングが終わるより
少し前のタイミングで

左足を踏み込みながら
下半身はダウンスイングにはります。
JUUSINN


ダウンスイングで左足を強く踏み込むために
「バックスイングを右足の踏み込みではじめる」もおすすめです。


歩くように自然な重心移動になり
スイングリズムもよくなりますし

ダウンスイングで
左足を強く踏み込むことで

上半身が遅れてうごき
下半身と上半身の捻転差が強くなります。

自然に体は早く回転します。

体重を左に移動するというイメージより

「左足を強く踏む」がオススメです。

スウェーを防止して
体を早く回しやすくなります。

結果としてヘッドスピードがアップします。


 * * *

下半身を使ってヘッドスピードをあげる方法
ご紹介しました。

(1)下半身が飛距離のエンジン
(2)プロのゆったり見えるスイングも下半身を強く使っている
(3)特に重要なのは「ダウンスイングでの左足踏み込み」

まずはボールを打たずに
素振りで「ヘッドの走り」を感じてください。


力でボールは飛びません。

ムダな力みを取ると
飛距離アップを期待できます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

小さな成長を積み上げましょう!

それが大きな違いになります。

応援しています!



■追伸

ヘッドスピードを上げる方法は
他にもいろいろあります。

多くの方が様々な要因で
ヘッドスピードを損しています。

ちょっとしたコツで
飛距離をのばせますよ。




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。