driver4
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ドライバーの飛距離が極端に落ちた・・・」

もしあなたが「ドライバーの飛距離が極端に落ちた」
とお悩みなら今回の記事が役に立つでしょう。

ゴルフは飛距離が出ると有利です。

「飛距離が出ないのはヘッドスピードが遅い」
という理由もありますが

実は、、、

ヘッドスピードは充分あるのに
飛距離が出ていないケースも多いです。

ということで今日は
「ドライバーの飛距離が極端に落ちる原因と解決策」
をシェアします。


■ドライバーの飛距離が極端に落ちる原因と解決策

(1)男子アマと女子プロのヘッドスピードは同じ

女子プロゴルファーのヘッドスピードの平均値は
40m/s程度です。

男子アマチュアと同じくらいです。

しかし、実際の飛距離は平均して30ヤードくらい
女子プロの方が飛びます。

なぜ、一般の男性ゴルファーはヘッドスピードが同じなのに
女子プロより飛ばないのでしょうか?


(2)女子プロが飛ぶのはミート率が高い

女子プロが飛ぶのはミート率が高いからです。

ヘッドスピードは一般の男子アマチュアと同じ程度でも

効率よく飛ばしているわけです。


(3)飛距離とミート率、ヘッドスピードの関係

あなたが飛距離を伸ばすにはどうすれば良いのか?

ミート率とヘッドスピードにより
飛距離がどう変わるかご紹介します。


飛距離とミート率、ヘッドスピードは
次のような関係にあります。

・ヘッドスピード×(ミート率)=初速
・初速× 4 =飛距離

一覧にするとこうなります。
※わかりやすくするため簡略化しています

hikyori_meet_hs



(4)ミート率1.4で合格

もしあなたのミート率が1.3かそれ以下なら

飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げるより
ミート率を高める方が近道です。


ミート率1.4で合格ラインです。

ミート率1.4付近なら
ヘッドスピードをあげましょう。

 * * *

飛距離を伸ばすための
ミート率、ヘッドスピードの関係
をご紹介しました。

(1)ヘッドスピード×(ミート率)× 4 =飛距離
(2)ミート率1.4で合格ライン

ミート率を優先すべきか
ヘッドスピードを優先すべきかは

あなたの状況次第なわけです。

小さな成長を積み上げましょう!
それが大きな違いになります。

応援しています!



■追伸

全英女史を優勝した渋野日向子プロが
すごい人気ですね。

42年ぶりに誕生した日本人メジャー優勝ですし

プロテストに受かって1年
20歳という若さにも驚き。

ただただ「すごい」の一言です。


■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。