put_zitaku
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすればパットの距離感が良くなるのか?」

パットはスコアの4割をしめています。

パット数を減らせれば
大幅なスコアアップを期待できます。

パターが上手い人は
自宅でも練習しています。

自宅練習というと
「ショートパットの練習」
というイメージがあると思います。

実はとっておきの

パターの距離感を良くなる自宅練習
があります。

ということで今日は
「パターの距離感が良くなる自宅練習」
をシェアします。


■地味なパット練習を継続するコツ(パターだけは毎日握る)

以前の記事でもご紹介したのように
パターは毎日、握ると良いです。


「地味なパット練習を継続するコツ(パターだけは毎日握る)」

練習メニューは

あなたの課題にあわせて
決めると良いですし

バリエーションがあった方が
楽しみながら練習ができるでしょう。


■パターの距離感が良くなる自宅練習

(1)転がりの良いパッティングはショートパットが入りやすく、距離感も安定する

純回転で転がるボールは
距離感がよくなりますし

2m以内のパットも入りやすくなります。

カップ周りのデコボコや
芝の影響を受けずに

カップに吸い込まれるよう
入ってくれます。


(2)「パターの芯で打つ」と転がりの良いボールを打てる

転がりの良いボールを打つには
「芯で打つ」が大切です。

パター芯ので打つと

方向性が安定し
距離感が安定します。


(3)実はパターの芯には「上下」もある

実は

パターの芯は左右だけでなく
上下にもあります。

殆どのパターフェースの高さは
ボールの大きさより低いです。
put_sin1

(画像引用 golfdigest-minna.jp)

そのため

フェースを地面から浮かせた状態でボールを打つと
芯で打てるようになり

転がりの良いパッティングができるのです。


(4)ドリル1 ボールの前に硬貨を重ねて、ボールだけを打つ

自宅で行う「上下の芯で打つ練習」をご紹介します。

・ボールの前に数枚の硬貨を重ねます

・硬貨が落ちないようにボールだけを打ちます

put_sin2

(画像引用 www.golf.com)

ソールを浮かせた状態のパッティングが身につきます。


(5)ドリル2 硬貨を重ねて上の硬貨だけをパターで打つ

イ・ボミ選手は
「硬貨を2枚かさねて、上の硬貨だけを打つ」
という練習をしていたそうです。

難易度は高めですが
シンプルで続けやすそうですね。

 * * *

パターの距離感が良くなる自宅練習
ご紹介しました。

(1)転がりの良いパッティングはショートパットが入りやすく、距離感も安定する
(2)「パターの芯で打つ」と転がりの良いボールを打てる
(3)実はパターの芯には「上下」もある
(4)ドリル1 ボールの前に硬貨を重ねて、ボールだけを打つ
(5)ドリル2 硬貨を重ねて、上の硬貨だけをパターで打つ

「パットのグッドフィーリングはすぐ忘れる。
 だからパターだけは毎日にぎる」

と言ったのは

メジャー大会4勝を含む29勝をあげ
2度のシニアの賞金王となったリー・トレビノ。

パットの繊細な感覚は
失われやすいので

毎日、少しでもよいので
パターを握るとよいです。

パットはスコアの4割をしめます。

パット数を減らせると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。