iron
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「アイアンを打つとき、ボール位置はどこが正しい?」

と悩んだことはありませんか?

ボールの位置はスイングや弾道に
大きな影響を与えます。

ボールの位置が正しいとショットは安定し

ボールの位置が悪いとスイングが良くても
ショットは安定しません。

「ダウンブローに打てるか?」にも大きく影響します。

ということで今日は
「アイアンの打ち方(ダウンブローとボール位置)」
をシェアします。


■ダウンブローとは?

「ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、
 すくい上げる打ち方は無い」

と言ったのは、メジャーを7勝したサム・スニード。

ボールをすくい上げる打ち方になると
ダフリやすいです。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中で
ボールを打つスイング。
dahuri3


ダウンブローのメリット

・ダフリやトップになりにくい

・ロフトが立つので飛距離が出る

・ライの影響を受けにくいので
 芝が薄い場所からでも打てる

など、、、スコアアップのために
多くのメリットがあります。

ダウンブローに打つにはスイングも大切ですが
ボールの位置も重要です。



■アイアンの打ち方(ダウンブローとボール位置)

(1)番手によってボール位置を変えて良い

「どのクラブでもボール位置は一定」というプロと
「番手によって変える」というプロがいます。

どちらかを推奨するプロもいますし、
「どちらでもいい」というプロもいます。

「ボール位置はどこが正しい?」

という疑問の回答としては・・・

体格に違いがありますし
スイング理論も違うので

「絶対的な正解はない」
というのが答えです。


参考に一般的な考え方をご紹介します。

・ドライバーではボールは左足かかとの前
・クラブが短くなるごとに右に移動
・ショートアイアンはスタンスの真ん中
ball_pos

ちなみに、、、

芹沢信雄プロは7番アイアンのボール位置は
スタンス中央。

1番手長くなるごとにボール位置を
半個分ずつ左に動かすそうです。

私は9番アイアンでのボール位置はスタンス中央。

番手長くなるごとにボール位置を左に動かしています。


(2)ボールの位置を右にするとダウンブローに打ちやすい

ダウンブローとはスイングの最下点の手前で
ボールを打つ打ち方なので

ボールを右に移動すると
ダウンブローに打ちやすいです。

ball_pos2


(3)過度にボールを右に移動するのは危険

ただし、

ダウンブローに打とうとして
過度にボールを右に移動するのは危険です。

ボール位置を右にするほど
インサイドアウトの軌道になります。

プッシュアウト(右にボールが飛ぶ)になりやすくなります。

また、鋭角に打ち込みことで
シャンクになる危険性も増します。


(4)傾斜によってボール位置を変える(素振りでチェック)

ラウンドでは地面に傾斜があるので、
ボール位置の微調整が必要になります。

フェアーウェイでも必ず傾斜があります。

素振りをして、地面にクラブが触る場所に
ボールを置けばokです。


 * * *

アイアンの打ち方(ダウンブローとボール位置)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・ダウンブローはミスショットを防止し
 飛距離も出やすい

・ボールの位置を右にするとダウンブローに打ちやすい

・番手によってボール位置を変えて良い

・過度にボールを右に移動するのは危険

・傾斜によってボール位置を変える(素振りでチェック)


ボールの位置を適正にするとダウンブローに打ちやすいです。

ダウンブローのメリット

・ダフリやトップになりにくい
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる


ダウンブローに打ち
アイアンの精度を高めるために

ボール位置は重要です。

ぜひ、最適なボール位置を見つけて下さい。

ショットが安定しますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。