golf_dr
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「ドライバーショットが安定しない・・・」

と悩んでいませんか?

ドライバーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できます。

実はドライバーショットを安定させる
オススメの方法があります。

それが「ボールを曲げる練習」です。

『曲げる練習は上級者の練習でしょ?』

と思うからもしれませんが

実は「100切り」を目指している頃から
「ボールを曲げる練習」をすると良いです。

ということで今日は
「ドライバーショットを安定させる秘訣(曲げる練習をしよう)」
をシェアします。


■ドライバーショットを安定させる秘訣(曲げる練習をしよう)

(1)100切りを目指す人も「曲げる練習」をしよう

フェードとは少し左に打ち出したボールが
右に曲がって目標方向へ飛ぶ球筋。

ドローとは少し右に打ち出したボールが
左に曲がって目標方向へ飛ぶ球筋。
BALL


練習場でフェード、ドローを打つ練習をしましょう。

飛ばす必要はありません。

「曲がるボールを打つ」が目標です。


『曲げる練習は上級者の練習でしょ?』

と思うからもしれませんが

実は、100切りを目指している頃から

「曲げる練習」をすると良いです。


左右の曲げ方を練習しておくと

曲がる幅を調整出来るようになるからです。

ゴルフで不調になるときって
だいたい曲がり幅を調整できないときです。

曲がり幅を調整する方法を知っていると

不調になっても
自分で元に戻せるようになります。


(2)曲がり幅を小さくすると飛距離がのびる

曲がり幅が大きすぎて
飛距離をロスしているケースは多いです。

スライスやフックを直すただけで
平均飛距離は20yくらいのびるものです。


(3)スライスを直したいならフックを練習する

100切りを目指している方の多くは
スライスで悩んでいますが

ゴルフスイングを直すときは

「少しオーバーな動きをして直す」

が鉄則です。

スライスを直したいなら
フックの練習をします。

そうすることで

スライスの曲がり幅を減らせるのです。


(4)フックを直したいならスライスを練習する

90切りを目指している方には
フックに悩んでいる方も多いです。

フックに悩んでいるなら
スライスを練習すると

フックの曲がり幅を小さくできます。


(5)曲げる練習では「飛ばそうとしない」

曲げる練習をするときは
1つ注意点があります。

それは「飛ばそうとしない」ということ。

6割、7割の力感で
曲げることに集中します。

曲げる練習をしていて
気づいたら飛距離が伸びていた

なんてケースも多いです。

 * * *

ドライバーショットを安定させる秘訣(曲げる練習をしよう)
ご紹介しました。

(1)100切りを目指す人も「曲げる練習」をしよう
(2)曲がり幅を小さくすると飛距離がのびる
(3)スライスを直したいならフックを練習する
(4)フックを直したいならスライスを練習する
(5)曲げる練習では「飛ばそうとしない」



「曲げる練習」はレベルに関係なく
ゴルフ上達を早めてくれます。

フェードとドローの打ち方を
詳しく話すと長くなるので

別途、ご紹介したいと思います。

明日のメールを
楽しみにしていてください!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。