dahuri
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば、アイアンをダウンブローに打てるのか?」


アイアンの上手い人はダウンブローに打ちます。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中で
ボールを打つスイング。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
・打感が良い

簡単にいうと

「ショットが正確になる」
「飛距離が伸びる」
「ミスショットが減る」

など、、、スコアアップのために
多くのメリットがあります。

ということで今日は
「アイアンをダウンブローに打つコツ」
をシェアします。


■ダウンブローって何?

熱心な読者であるあなたは
ダウンブローについてご存知だと思います。

念のために簡単にご紹介します。

ダウンブローとは、スイング軌道の最下点に達する前に、
クラブヘッドがボールに接するショットです。

アイアンショットはダウンブローに打つと
ダフリを防止できます。

ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

他に、唯一あるとすれば、
完璧な払い打ちをするしかありません。
シャロー軌道(はらい打ち)と言います。

しかし、シャロー軌道(はらい打ち)は
極めて確率の低いショットです。

難易度が高すぎです。

「ダウンブローと、シャロー軌道(はらい打ち)の違い」


down_impact


ダウンブローの方がクラブ軌道の
許容範囲が広いことがわかります。

払い打ちは許容範囲がせまいです。

少しでもボールの手前を叩けばダフリになります。

ボールの上を叩けばトップやチョロになります。

ダウンブローに打てば、
ダフリやチョロになる確率は大きく減るわけです。


■アイアンをダウンブローに打つコツ

(1)練習場のボールは高く上がらない

練習用ボールはラウンド用ボールと構造が違います。

練習用ボールは安価であり耐久性に優れています。
そのために構造が本番ボールと異なるのです。

練習用ボールは、同じように打っても
本番用のボールの3分の2程度の高さしかあがりません。

それを知っていても、無意識のうちに
ボールを高く上げたくなります。

すると、、、すくい打ちになりやすいのです。

すくい打ちはダウンブローの真逆の打ち方です。

アイアンのすくい打ちは
あらゆるミスの原因になります。

飛距離はおちる、ダフル、トップになる・・・

「練習場のボールは高く上がらない」
「上げようとしてはいけない」
これを覚えておくと良いです。


(2)低いボールを打つ練習をする

練習場でボールを打つ場合は、
低いボールを打ちましょう。

トップボールを打つのではありませんよ。

ハンドファーストの正しいインパクトで
低いボールを打ちます。

本番の3分の2程度の高さが目安です。

飛距離を考えるより、
「高さをそろえる」「正しいインパクトをする」
という練習をした方が効果的です。


(3)ゴルフスイングは再現性が大事(素振りをする)

ゴルフスイングは「再現性」が大切です。

「練習場で何球も打って
 たまに1回だけダウンブローに打てる」

では意味がありませんし

再現性が高くなると

クラブヘッドの芯で
ボールを捉えやすくなり

飛距離ものびますし

ショットが安定するので
ストレスなくゴルフができます。

特に、アイアンは

「狙った場所にボールを打てるか?」

が勝負なので

再現性が大事です。

ダウンブローのスイングを目指すと同時に
「再現性の高いスイング」
を作りましょう。

そのためには

スイングから無駄な動きを取り除く
「素振り」がおすすめです。


 * * *

アイアンをダウンブローに打つコツをご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・練習場のボールは高く上がらない
・低いボールを打つ練習をする
・ゴルフスイングは再現性が大事(素振りをする)


ダウンブローに打てるとショットが正確になります。

ミスショットが減り、飛距離が伸びます。

誰かにならっても良いですし
独学でも良いです。

ショットの精度が少し高くなるだけで
ゴルフスコアは大きくかわります。

少しでも良いので
理想のスイングに近づけていきましょう。

応援しています!



■追伸

寒い季節は芝が薄くなります。

芝が薄いとインパクトがシビアでダフリやすいです。

ダウンブローに打てば芝が薄くても
良いショットを打てます。

「芝が薄くなるとアイアンが難しくなる」
と感じているならダウンブローが解決策になります。


特に北海道のように「洋芝」のゴルフ場は
ボールが沈みやすいので

ダウブローに打てるかどうかで
スコアがかわります。



■追伸2

「最近のソールが広い飛び系のアイアンは
 ダウンブローでなく、払いうちが良いのでしょうか」

というメールを頂きました。

ソールが広くてバンスがあるアイアンは
重心も低いのでボールはあがりやすいです。

「あ!ダフった」

と感じるミスショットをソールが
「ある程度」はカバーしてくれます。

ただし、、、

「ある程度はカバーしてくれる」というだけです。

まったくダウンブローに打たないわけではなく
「ダウンブローの入射角を緩やかにしても大丈夫」
というだけです。

地面にあるボールを打つには
ダウンブローは必須ですよ。

参考になれば幸いです。



■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。