golf_dr

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ボールが右に飛びます。
 アウトサイドインで左にふれば良いのか?」

先日、こんな質問をいただきました。

もしあなたも
「ボールが右に飛ぶ」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

「ボールが右に飛ぶ」を防ぐ
簡単な方法があります。

ということで今日は
「ボールが右に飛ぶ理由と対策」
をシェアします。


■ボールが右に飛ぶ理由と対策

「ボールが右に飛ぶ。アウトサイドインで打てば良いか?」

という質問ですね。

最初にチェックすべきは
「軌道ではなくフェース面」です。


ボールが右に飛ぶ原因は幾つかありますが

簡単に言うと

「インパクトでフェース面が右に向いています」


この動画が参考になります。

「インパクト時のフェースの向きにボールが飛ぶ」がわかります。





ちなみにアイアンよりもドライバーの方が

フェース面の向きに影響を強く受けます。


今までは

「ボールの飛び出す方向はインパクトのスイングプレーンの向き。
ボールの曲がりはインパクトのフェースの向きに影響を受ける。」

が定説とされてきました。

しかしインパクトの瞬間を超スローで解析できるようになり、

実際は

「ボールの飛び出す方向はインパクトのフェースの向き。」

「ボールの曲がる方向はインパクトのスイングプレーンの向きに影響を受ける。」

とわかりました。

狙いよりもボールが右に飛ぶ場合は
「フェースの向きが右を向いている」というわけです。

このフェース面をなおさず
スイング軌道をアウトサイドインにすると

右に飛んだボールが「さらに右に曲がる」ようになります。

インパクトでフェース面が右を向いている人は

アドレスの時点でフェースが右を向いている傾向があります。

プロはアドレス時にフェース面の向きに注意しながら
セットアップしていますよね。

フェース面の向きを大事にすると方向性が安定しますよ。

まずは「フェース面が右を向いていないか?」をチェックしてくださいね。



■ショットが曲がる理由には個人差がある

ボールが曲がる理由には個人差があります。

「自分がどんなアドレスをすると
 どんな曲がり方をするのか?」

を把握することが
ショットを安定させる近道です。


■曲がるボール(フェード、ドロー)を練習しよう!

「自分がどんなアドレスをすると
 どんな曲がり方をするのか?」

を把握するためにも

ドライバーショットを安定させるにも

オススメの方法があります。

それが「ボールを曲げる練習」です。

『曲げる練習は上級者の練習でしょ?』

と思うからもしれませんが

実は「100切り」を目指している頃から
「ボールを曲げる練習」をすると良いです。

ボールの位置や
スタンスの向きを変えるだけで

ボールの曲がり方はかわります。

自分の傾向を知ることで
曲がり幅を調整できるようになり

大幅なスコアアップを期待できます。


こちらの記事も参考にしてください

ドライバーショットを安定させる秘訣(曲げる練習をしよう)
http://blog.secret-golf.com/archives/52096800.html



 * * *

ボールが右に飛ぶ理由と対策を
ご紹介しました。

「アドレスでフェースが右を向いていないか?」

をチェックしてください。

ボールが左右に飛ぶと多くの方が「スイングに問題がある」と
考えますが

「アドレス」が原因のケースが多いです。

慌ててスイングを直すと問題が複雑になります。

原因がわかれば対応は簡単です。

まずは落ち着いて原因を特定しましょう。

そして

ショットを安定させるために
「ボールを曲げる練習」はオススメです。

もし今の時点で「ボールを曲げる練習」を
していないなら

そこに伸びしろがある可能性は高いです。

上級者向きの練習と考えずに
ぜひお試しください。

ボールのコントロールができると
ゴルフの面白さが広がりますし

ショットの安定や
飛距離アップも期待できます。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。


評判が良ければ

「ドローボール、フェードボールの打ち方」

について詳しくお届けします。