golf_dr
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば飛距離がでるのか?」

私達ゴルファーにとって
飛距離アップは永遠のテーマです。

実はちょっとしたコツで
飛距離って伸びるものです。


ということで今日は
「ドライバーの打ち方(タイガーウッズに学ぶ、飛距離を伸ばす3つのポイント)」
をご紹介します。


■ドライバーの打ち方(タイガーウッズに学ぶ、飛距離を伸ばす3つのポイント)


(1)トップでは背中が目標方向に向くまで上半身を回す
tiger_renzoku


tiger_top

上半身の捻転が飛距離のパワーになります。

トップで背中が目標を向かない場合は

アドレスで左足のつま先を開いたり
バックスイングでヒールアップすると

上半身をまわしやすくなります。

(2)ダウンスイングを腰の回転からスタートする(下半身からスタートする)
tiger_down

あまりの強さから帝王と呼ばれた
ジャック・ニクラウスは

「ダウンスイングは、脚と腰が動き出す前に
 手と腕でやってはいけない」

「下手なプレーヤーが犯す欠点は
 トップから両手とリストで
 強くヒットしようとすることである」


と言っています。

「ダウンスイングは腰を回転させる」
は飛距離アップに必須です。


(3)フェースローテーションを正しく行うにはアドレスが重要

「腰から回転したいけど
 ダウンスイングを腰から行うと
 振り遅れそう、スライスしそう」

と考えて

腕でダウンスイングを
開始してしまう方も多いです。

すると、手打ちスイングになり
スイングが不安定になりますし

下半身のパワーが使えないので
大幅に飛距離がダウンします。

振り遅れ、スライスを防ぐには

フェースローテーション(フェースを返す動き)が重要です。

自然にフェースローテーションが行われれば、

腰からダウンスイングしても振り遅れません。
tiger_renzoku

フェースローテーションを正しく行うには
アドレスが重要です。

tiger_adr

・両脇を軽くしめる

・両肘を軽く内側に向ける(外に向けると肘が引けやすいです)

・グリップ、肘から力を抜く(手に力が入ると肘がつっぱりやすいです)

「両腕の上腕を胸の上に乗せる」
というイメージがわかりやすいかもしれません。

 * * *


ドライバーの打ち方(タイガーウッズに学ぶ、飛距離を伸ばす3つのポイント)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・トップでは背中が目標方向に向くまで上半身を回す
・ダウンスイングを腰の回転からスタートする(下半身からスタートする)
・フェースローテーションを正しく行うにはアドレスが重要


ちょっとした気づきで
あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!


■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。