golf_dr
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば飛距離がでるのか?」

私達ゴルファーにとって
飛距離アップは永遠のテーマです。

実はちょっとしたコツで
飛距離って伸びるものです。


ということで今日は
「ドライバーの打ち方(タイガーウッズに学ぶ、飛距離を伸ばす3つのポイント)」
をご紹介します。


■ドライバーの打ち方(タイガーウッズに学ぶ、飛距離を伸ばす3つのポイント)


(1)トップでは背中が目標方向に向くまで上半身を回す
tiger_renzoku


tiger_top

上半身の捻転が飛距離のパワーになります。

(2)ダウンスイングを腰の回転からスタートする(下半身からスタートする)
tiger_down

あまりの強さから帝王と呼ばれた
ジャック・ニクラウスは

「ダウンスイングは、脚と腰が動き出す前に
 手と腕でやってはいけない」

「下手なプレーヤーが犯す欠点は
 トップから両手とリストで
 強くヒットしようとすることである」


と言っています。

「ダウンスイングは腰を回転させる」
は飛距離アップに必須です。


(3)フェースローテーションを正しく行うにはアドレスが重要

「腰から回転したいけど
 ダウンスイングを腰から行うと
 振り遅れそう、スライスしそう」

と考えて

腕でダウンスイングを
開始してしまう方も多いです。

すると、手打ちスイングになり
スイングが不安定になりますし

下半身のパワーが使えないので
大幅に飛距離がダウンします。

振り遅れ、スライスを防ぐには

フェースローテーション(フェースを返す動き)が重要です。

自然にフェースローテーションが行われれば、

腰からダウンスイングしても振り遅れません。
tiger_renzoku

フェースローテーションを正しく行うには
アドレスが重要です。

tiger_adr

・両脇を軽くしめる

・両肘を軽く内側に向ける(外に向けると肘が引けやすいです)

・グリップ、肘から力を抜く(手に力が入ると肘がつっぱりやすいです)

「両腕の上腕を胸の上に乗せる」
というイメージがわかりやすいかもしれません。

 * * *


ドライバーの打ち方(タイガーウッズに学ぶ、飛距離を伸ばす3つのポイント)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・トップでは背中が目標方向に向くまで上半身を回す
・ダウンスイングを腰の回転からスタートする(下半身からスタートする)
・フェースローテーションを正しく行うにはアドレスが重要

どれも重要ですし

他にも注意点がいくつあるのですが

もっと重要なのは
「自分で自分の問題を見つけられる」
ということ。

スイングをレッスンプロに見てもらって
アドバイスを聞くのも良いのですが

そんなに頻繁には
スイングを見てもらえませんし

結局は自分で納得していないと
スイングって直せないものです。

重要なことなので
もう一度。

「結局は自分で納得していないと
 スイングって直せない」

自分で自分のスイングの問題点を
見つけられるようになると

ゴルフに悩むことも減りますし
上達も早くなりますよ。

応援しています!



■事例:「本当に飛距離が30ヤード伸びました!」

安田コーチのレッスンを受けた方から
こんな声をいただきました。

「本当に飛距離が30ヤード伸びました!」
野田様 50代 男性

ゴルフってちょっとした気づきで
飛距離が伸びるケースも多いです。

安田コーチのレッスン動画を
無料で公開しています。

「自分で自分のコーチになるスイング理論」
が学べます。

ある意味、究極のゴルフ上達法ですし

レッスンプロが不要になるので
レッスン業界のタブーなのかもしれません。

期間限定の公開なので
今すぐにご覧ください。

3つの事例をご紹介しています。

1本目.ドライバーの飛距離アップ
(腰の回転で飛ばす・力みを取る)

2本目.アイアンのダフリ、トップを直す
(右肩が下がる、力み、すくい打ち、前傾姿勢をキープ)

3本目.アプローチの精度を高める
(ボールをクリーンに打とうとしてはダメ!)


【無料】で3つのレッスン動画を手に入れる

https://perfect.swing.opt.e-golfschool.com/


3本のレッスン動画は

スコアアップのために
知らないとまずい内容です。

期間限定の公開です。
今すぐにご確認ください。



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。