dr_ad

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「セットアップ(アドレス)が間違っていたら
 いくら世界で一番素晴らしいゴルフスイングをしたとしても
 いいショットは打てないだろう。」

と言ったのはジャック・ニクラウス。

パーフェクトスイング理論の企画を
昨日でおえました。

ちょっとわかりにくいテーマだったけど
良い内容をお伝えできたと思っています。

安田コーチのパーフェクトスイング理論の
レッスン動画をみて

「やっぱり、アドレスが重要だよな」

を再認識しましたね。

「正しいアドレスが、正しいスイングを作る」

ということです。


ということで今日は
「ドライバーショットが安定するアドレスの作り方」
をご紹介します。


■ドライバーショットが安定するアドレスの作り方

(1)素振りは良いけどボールを目の前すると力がはいる理由

「素振りはキレイでスムーズなのに

 ボールを打つときは、どうしても力が入る」

という方は多いです。

素振りがキレイということは
スイングに問題はないのです。

「力が入るのはメンタルが弱いから」
と考えている方も多いですが

違います。

通常、力みの原因はメンタルではありません。

・視線
・リズム
・アドレス
・スイングイメージ

などが主な原因です。

意外なところでは「ボールとの距離」
力みの原因となっているケースも多いです。

グリップの位置が体から離れすぎると
腕の力に頼ったスイングになります。

無駄な力がはいりやすくなります。

「ボールを打とうとすると力が入る」
という場合はこちらの記事も参考にしてください。

ショットが安定するアドレスの作り方
http://blog.secret-golf.com/archives/52094805.html


(2)股関節を使えば、もっと飛ぶ(そのためにはアドレスが大事)

「ヘッドスピードがでない」
と悩んでいる方の多くが

股関節を正しく使えていません。

スイングを見直して
飛ばそうとする方が多いですが

股関節を正しく使うには
アドレスが大事
です。

股関節を正しく使えると

・右ヒザの位置をキープしやすく
・パワーがたまりやすい
・自然に肩がまわる
・トップの位置が安定する
・前傾角度をキープしやすい

など、、、

飛んで曲がらないショットが打てるようになります。

股関節を使い、飛んで曲がらないショットを
打つ方法は

こちらも参考にしてください。

股関節を使い、飛んで曲がらないショットを打つ方法
http://blog.secret-golf.com/archives/52056507.html


 * * *

ドライバーショットが安定するアドレスの作り方
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・ボールが遠いと腕に力が入りやすい
・股関節を使えばもっと飛ぶし、ショットも安定する
・良いアドレスが良いスイングを作る

他にもポイントはありますが

スイングを見直す時は
「1度に1つ」がちょうど良いので

重要なポイントから対応しましょう。

あなたのゴルフスコアはまだまだ良くなりますよ。

応援しています!



■追伸

無料企画「パーフェクトスイング理論」が終了しました。

今回は「スイング理論」がテーマであり

「自分の悩みを自分で解決できるようになる」
という高い目標がありました。

「ちょっとマニアックなテーマだったかな?」
とも思いますが

役立つ情報をお届けできたと思います。

ぜひ、次の無料企画にも
積極的に参加いただければ嬉しいです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。