put_zitaku
FROM:アオイ
札幌の自宅より


あなたは

「3パットが減らない」

と悩んでいませんか?

メルマガ読者さんは
ゴルフに熱心な方ばかりです。

ゴルフに熱心なあなたに
パットの重要性は言うまでもないでしょう。

「3パットが多い」とお悩みなら、、、

ロングパットの距離感を磨くことで
スコアが大幅に良くなる可能性が高いです。

3パットが多いのはショートパットが
入らないからではないです。

「ロングパットの距離感が合わない」が原因です。

ということで今日は
「パターの距離感を養う2つの練習方法」
をシェアします。


■パターの距離感を養う練習方法

(1)自宅練習でストロークを安定させる

パターマットを使った練習は
距離感とは無関係と感じるかもしれません。

しかし、パターマットを使った練習は
距離感を養うために重要です。

ストロークが安定し、
芯で打てるようになるからです。

芯で打てて、ストロークが安定すれば
振り幅で距離感を作れます。

本気でゴルフを上達したいと思っている人は
自宅で練習をしています。


(2)芯で打つには「下半身と頭を動かさない」が大切

ストロークでは
「下半身と頭を動かさない」が大切です。

ストロークする動きを練習しましょう。

距離感を安定させるために

「パターの芯で打つ」

た大切だからです。

芯で打てないと、同じ振り幅でも
距離が大きくかわります。

そのために「安定感のあるアドレス」と

「ストローク中に頭を動かさない」が大切です。

下半身が動かず
頭が動かないストロークが出来て

はじめて距離感をつくることができます。

ロングパットの距離感を高めるには
自宅練習が効果的です。

パターマットがなくても
今すぐにできる練習です。

アドレスができるスペースさえあれば
練習できますよ。


(3)ラウンド前にロングパットの距離感を確認

ラウンド前にロングパットを練習しましょう。

ストロークの練習は自宅で行っているので、
練習グリーンで行うのは「タッチの確認」です。

練習グリーンの平らな場所で
10ヤード、20ヤード、30ヤードと
距離を変えて練習します。

平らな場所で距離感をつかんだら
上りと下りも練習します。

上りのとき、どれくらい転がりが遅くなるか?

下りのとき、どれくらい転がりが早くなるか?

を確認します。

ラウンド前に練習した距離は、
本番でも距離があいやすいです。

3パットが多いのはショートパットが
入らないからではないです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

距離感が合わないと悩むなら、
ラウンド前にロングパットを練習しましょう。

 * * *

パターの距離感を養う2つの練習方法をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・自宅練習でストロークを安定させる
・芯で打つには「下半身と頭を動かさない」が大切
・ラウンド前にロングパットの距離感を確認


ポイントは「打ち方の練習」と「距離感を養う」を
分けているところ。

打ち方の練習は自宅でできるので
ラウンド回数が少ない方でもパットを上達できます。

独学でも、誰かに習っても良いです。

重要なのは、
「スコアの半分はパッティングがしめる」
ということ。

パットの距離感が良くなると
3パットが減ります。

3パットが減ると
大幅なスコアアップを期待できます。

冬にパッティング練習を増やすと
ライバルを引き離せますよ。

応援しています!



■追伸

面白いデータを見つけました。

2019年女子プロの
「平均パット数」と「賞金ランキング」の関係です。

平均パット数の上位3名がそのまま
賞金ランキング上位3名と一致しています。
●平均パット数(パーオンホール) 2019年度(2019年12月1日更新)

put2019_heikin

●年間獲得賞金  2019年度 (2019年12月1日更新)
put2019_syoukin

渋野プロは2位ですね。

42年ぶりの海外メジャー制覇という
偉業を達成された渋野プロの強さをささえているのは

「狙った場所に強気で打てるパッティング」

ですね。

勉強熱心なあなたに言うまでもないですが
「パットイズマネー」ですね。


多くの方はパット練習が少なすぎます。

パットはスコアの4割をしめるのに
練習していないのはもったいないですね。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。