put6
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「パットの距離感が安定しない」

「ショートパットが入らない」

と悩んでいませんか?

その原因は

「パターの芯で打っていないから」
かもしれません。

パターは「芯」で打てると
純回転で真っ直ぐに転がります。

距離感が安定
ショートパットも入りやすくなります。


パターは芯で打てないと
フェース面がずれますし
転がりもわるくなります。


ということで今日は
「【ビデオ】パターで毎回「芯」に当てるには?」
をシェアします。

パットはスコアの40%を占めるので重要です。


■【ビデオ】パターで毎回「芯」に当てるには?

(1)転がりの良いパッティングはショートパットが入りやすく、距離感も安定する

純回転で転がるボールは
距離感がよくなりますし

2m以内のパットも入りやすくなります。

カップ周りのデコボコや
芝の影響を受けずに

カップに吸い込まれるよう
入ってくれます。


(2)「パターの芯で打つ」と転がりの良いボールを打てる

転がりの良いボールを打つには
「芯で打つ」が大切です。

パター芯ので打つと

方向性が安定し
距離感が安定します。


(3)毎回、パターの芯で打つ方法

では、、、

パターの芯で打つにはどうしたら良いのか?

こちらのレッスン動画をご覧ください。

安田コーチのレッスン動画です。

【ビデオ】パターで毎回「芯」に当てるには?



■追伸

裏で行っている無料企画では
ご紹介したようなレッスン動画をお届けしています。

「パット数を減らして大幅なスコアアップをしたい」

と思ったら参加ください。


無料企画「パターの達人育成プログラム」

“1日3分”自宅で簡単にでき
パター練習だけで10打縮める
プロだけが知っている特別な方法を

無料でプレゼントします。

今すぐ無料で参加する。
期間限定の無料公開です。

※募集終了しました!


全部で8本の動画を無料でプレゼントします。

期間限定の無料公開ですので

「パット上達」に興味がありましたら
今すぐに登録しておいて下さい。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」「シェア」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。

好評でしたら動画レッスンを増やすことを検討いたします。