golf_ike
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすればグリーン周りのミスを減らせるのか?」

メルマガ読者さんからこんな質問をいただきました。

=========================
シングルの友人から
「グリーンの狙う場所が悪いからスコアを落としている」
といつも言われます。

いつも何も考えずにピンを狙っています。
スコアを崩さないグリーンの狙い方を教えてください。
=========================

スコアが上手い人は、グリーンの狙い方が上手いです。

グリーンの狙い方にコツがあり
知っていると大叩きを防げます。

ということで今日は
「スコアを崩さないグリーンの狙い方」
をシェアします。


■スコアを崩さないグリーンの狙い方

(1)グリーンまわりの危険地帯を確認する

グリーンまわりには

グリーンを外したときに
打っても良い場所と

絶対に打ってはいけない場所があります。

打ってはいけない場所は
こんな場所です。

・アゴの高いバンカー
・OB
・池
・下り傾斜のアプローチが残る場所


「下り傾斜のアプローチもダメ?」
と思ったかもしれませんね。

下り傾斜のアプローチって難易度が高いです。

グリーンも下り傾斜になりやすく
カップに寄せるのが難しいです。

ボールを打つ前に
グリーンまわりの危険地帯を確認しましょう。

少しくらいミスショットをしても
スコアを落とさない場所を狙いましょう。

コースでは傾斜や風がありますし
一発勝負です。

狙った場所に正確に打つのは
難しいものです。


(2)自分の実力以上のショットを求めない

大切なのは
「自分の実力以上のショットを求めない」
ということ。

たとえば、、、ドライバーが飛ばなくて

セカンドショットで180ヤードの
長い距離が残ったとします。

グリーンは受けていて
グリーン手前の左右に深いバンカーがあります。

グリーンの奥にいくと
難しいアプローチが残ります。

「FW、UT、ロングアイアンならなんとか届く」
という状況です。

あなたならどうしますか?

もし「100切り」「90切り」が目標なら
次の攻め方で十分です。


・セカンドショットを6番、7番アイアンで
 グリーン手前の広い場所に打つ。

・30−50ヤードのアプローチでは
 無理にピンをねらわずに「グリーンに乗せる」だけを守る

 (プレッシャーが減ると、自然に打てて
  カップに寄るケースは多いです)

・ファーストパットは長めでも
 2パットでホールアウト

これでボギーです。


消極的だと思うかもしれませんが
ゴルフは「ミスを減らした人が勝つゲーム」です。

もし180ヤードを正確に打てるなら
当然、グリーンをねらいます。

180ヤードを正確に打てず
グリーンまわりが難しい状況なら

「一番、スコアを崩さない方法」
を探しましょう。

「自分の実力以上のショットを求めない」
を守ってゲームプランを作れば

大幅なスコアアップを期待できますよ。


アニカ・ソレンスタムは
「10回のうち6回成功するならチャレンジする

と言っています。


(3)「少しでもカップに近づける」は危険

大たたきになりやすい攻め方があります。

それは

「少しでもカップに近づける」という攻め方です。

もしあなたが

「少しでもカップに近づけよう」

と狙い場所を決めているなら

コース戦略を学ぶと
大幅なスコアアップを期待できます。

なぜでしょうか?

それは

「少しでもカップに近づけよう」
という攻め方をすると

池、林、バンカーなど罠にはまり
スコアを落としやすいように

コースは設計されているからです。


「少しでもカップに近づけよう」
という攻め方をすると

コース設計者の罠にはまりやすいのです。


 * * *

スコアを崩さないグリーンの狙い方をご紹介しました。

・グリーンまわりの危険地帯を確認する
・自分の実力以上のショットを求めない
・「少しでもカップに近づける」は危険


正確な判断ができれば
スイングは今のままでの大叩きを防げます

少しくらいミスショットをしても
スコアを崩さずにすみます。

重要なことは

「コース戦略を学べば
 あなたのスコアはまだまだ良くなる!」

ということです。

応援しています!




■事例:コース戦略だけでハーフで8打縮まった

実際に安田コーチが
ラウンドレッスンをした際

前半のハーフは生徒さん自身の戦略
ラウンドしたら「スコア53」

後半のハーフを安田コーチの戦略通り
ラウンドしたら「スコア45」だったそうです。

戦略を伝えただけで
ハーフで8打もスコアが縮んだ
そうです。

コース戦略は今のスイングのまま
スコアを減らせます。

「コース戦略はうまくなってから」
と考えずに

100を切る前から実践すると
大幅なスコアアップを期待できます。




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。