golf_ike
  
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「左足さがりからパーオンできない・・・」

以前、こんな質問を頂きました。

=====================
左足さがりの斜面から上手く打てません。
ミスも多く、距離感もあいません。
何か対策はないでしょうか?
=====================


「どうすれば、傾斜面からパーオンできるのか?」

もしあなたも
「傾斜面からパーオンできない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

日本のゴルフコースの8割以上は
丘陵コース
です。

セカンドショットはほぼ毎回斜面から
打つことになります。

斜面からの打ち方をしらないと
狙った場所に打てません。


斜面に応じたショットを打てると
パーオンを増やせますよ。

ということで今日は
「左足さがりからパーオンする方法」
をシェアします。



■左足下がりからパーオンする方法

左足さがりが難しいのはボールの手前の方が高くなり
ダフリやすいからです。

これは斜面なりにアドレスして
左足体重のままスイングをすればOKです。

で、、、

重要なのに軽視されがちなのが
「距離感」です。


距離感の調整ができると
左足さがりからパーオンできますよ。


(1)長いクラブはキャリーが減り、飛距離が落ちやすい

左足さがりはロフトが立ちます。

左足さがりからUT、ロングアイアンを打つのは難しいです。

きちんと打っても、ボールの飛ぶ高さが低くなるので
キャリーの距離が落ちやすいのです。

ボールを上げようとすると
すくい打ちになりダフリやすくなります。

極論かもしれませんが

左足下がりからは
長いクラブを使わない方が良いかもしれません。

「左足さがりでFW、UT、ロングアイアンを使うと
 ボールの高さがでず、キャリーが減るので飛距離が落ちやすい」


とおぼえておくと良いです。


(2)短いクラブは低く飛び、飛距離が伸びる

では短い距離の場合はどうでしょうか?

左足さがりだとロフトが立ちます。

PWが9番アイアンのロフトに近くなり

9番アイアンは8番アイアンのロフトに近くなります。

左足下がりではショートアイアンを使うと
飛距離が伸びやすいのです。

足場が不安定なのでコントロールショットになるでしょうが
飛距離は落ちにくいです。

ショートアイアンを8割の力で打っても
飛距離ってあまり落ちませんよね。

むしろ強く打てるので飛距離が伸びるケースもあります。

「左足さがりでショートアイアンを使うと
飛距離が伸びやすい」


とおぼえておくと良いです。

 * * *

左足下がりからパーオンする方法
ご紹介しました。

(1)斜面なりにアドレスする
(2)左足体重でスイングする
(3)長いクラブはキャリーがでないので飛距離が落ちやすい
(4)短いクラブは飛距離が伸びる


ちょっと乱暴ですが

「左足下がりは短いクラブを使う」

って覚えておいても良いかもしれません。

斜面の打ち方を1つ1つマスターしましょう。

斜面から狙った場所に打てると
大幅なスコアアップを期待できます。

ちょっとしたコツをしれば
あなたのスコアは良くなります。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援が心のささえです。