golg_c

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすれば、安定して良いスコアでラウンドできるのか?」

この記事を読んでくれている
あなたは勉強熱心なので

コース戦略の重要性はご存知でしょう。

コース戦略をうまくできないと
ゴルフは大叩きになりやすいですし

コース戦略でスコアを安定させるには
ちょっとしたコツがあります。

ということで今日は
「ゴルフで大叩きをする人がよくやってしまう間違い(コース戦略の勘違い)」
をシェアします。


■ゴルフで大叩きをする人がよくやってしまう間違い(コース戦略の勘違い)

結論から言うとポイントは2つです。

・「コース戦略はショットを安定させてから」は間違い
・ナイスショットを前提にしたコース戦略では意味がない


(1)「コース戦略はショットを安定させてから」は間違い

読者さんから、こんなコメントを頂きました。

--------------------------------------------
コース戦略について考え方が
少しわかってきました。

しかし、このコース戦略を実施するには
やはりショットがよくないと難しいと思われる。
--------------------------------------------

その気持ち、本当にわかります。

私も以前は

「コース戦略を学ぶのは
 ショットがある程度安定してから」

と考えていました。

でも、これは間違いでした。

適切なコース戦略は
ミスショットを防いでくれます

たとえば430ヤードの長いミドルホール。

ドライバーの平均飛距離が210ヤード。

2打で届かないので
ボギーオンを狙うとします。

「ボギーオンを狙う」と考えれば
使うクラブは優しくなります。


狙う場所も広くなり
プレッシャーも減ります。

当然、ナイスショットになる確率が増えます


「コース戦略をまなぶのは
ショットがある程度安定してから」

と考えて

ナイスショットを前提にして
難しい攻め方をすれば

難しいクラブで
狭い場所をねらうことになります。

ミスショットの確率が大幅に増えます

ミスショットをすれば
次のショットは傾斜、ラフ、バンカーなど

難しい状況になりやすいです。


つまり、、、

適切なコース戦略は

ミスショットをしても
スコアを崩しにくくなるのと同時に

ミスショットの確率も減らして

ナイスショットの
確率を増やしてくれるのです。


「コース戦略はショットが安定してから」
という考えは

ゴルフをとても難しくしているのです。



(2)ナイスショットを前提にしたコース戦略では意味がない

安田コーチは次のように言います。

「平均スコア100のアマチュアゴルファーが
 ミスをする確率は9割」

世に出回っているコース戦略は
ミスをしない前提で作られています。

なぜならプロが作った戦略だから。

彼らのまわりいるのは
ゴルフが上手い人ばかりです。

以前、女子プロを目指している方と話した時

「先日、78も叩いてしまった」
と本当に悔しがっていました。

プロを目指している人や
プロになった人にとっては

78は大叩きなのです。


プロのコース戦略と
アマチュアのコース戦略は
まったくの別物と考えて良いです。

だからアマチュアゴルファーが
プロのコース戦略を学んでも

スコアアップを実感できないのです。

月に2、3回しかラウンドできない
アマチュアゴルファーにとって

コースでミスショットが出るのは当たり前。

『ミスをする前提』のコース戦略を学ぶ必要があります。


 * * *

ゴルフで大叩きをする人がよくやってしまう間違い
(コース戦略の勘違い)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・「コース戦略はショットを安定させてから」は間違い
・ナイスショットを前提にしたコース戦略では意味がない

自分の実力を冷静に分析し

コースのレイアウトを把握すれば
大きなミスを減らせます。


コース戦略は「座学」なので
スイングを磨く練習と並行して行うと良いです。

スイングの練習と同時に
あなたの実力にあわせたコース戦略を学びましょう

それがスコアアップの近道です。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。