golfswing2
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすれば、もっと飛距離を伸ばせるのか?」

この記事を読んでくれている
あなたは勉強熱心なので

飛距離を伸ばすには
腰の回転は重要だとご存知でしょう。


腰の回転を使えないと
飛距離を伸ばすのは難しいです。

腰の回転をうまく使えると
飛距離も伸びますし

ショットも安定します。

ということで今日は
「【ビデオ】腰の回転で飛距離を伸ばす方法」
をシェアします。



■【ビデオ】腰の回転で飛距離を伸ばす方法


(1)軽く振っても飛距離がでる人は「腰の回転で飛ばしている」

飛距離を伸ばすには
いくつかポイントがありますが

「腰の回転で飛ばす」は
その中でもかなり重要です。

腰の回転で飛ばせるようになると
下半身の大きな筋肉をつかえます。

上半身と下半身の捻転が強くなります。

軽く振っているように見えるのに
飛距離が出る人は

腰の回転で飛ばしています。

では、、、

腰の回転で飛距離を伸ばすには
どうしたら良いのか?


こちらのレッスン動画をご覧ください。

【ビデオ】飛距離を伸ばすためには腰で振る


腰を使うと「軽く振ってもヘッドが走る」
を経験できますよ。

ヘッドスピードがあがるので

人によっては20ヤード、30ヤードの
飛距離アップも期待できますよ。


(2)タイガー・ウッズ選手も下半身からダウンスイングを開始

タイガー・ウッズ選手も腰から回転させて
強い捻転をつくっています。

tiger_renzoku

tiger_top

上半身の捻転が飛距離のパワーになります。
tiger_down

あまりの強さから帝王と呼ばれた
ジャック・ニクラウスは

「ダウンスイングは、脚と腰が動き出す前に
 手と腕でやってはいけない」

「下手なプレーヤーが犯す欠点は
 トップから両手とリストで
 強くヒットしようとすることである」

と言っています。

「ダウンスイングは腰を回転させる」
は飛距離アップに必須です。

 * * *

腰の回転で飛距離を伸ばす方法
ご紹介しました。

・軽く振っても飛距離がでる人は「腰の回転で飛ばしている」
・タイガーウッズ選手も下半身からダウンスイングを開始
・捻転が大きくなる
・下半身は器用に動かないので、ショットも安定する

この記事を読んでくれている
あなたは勉強熱心なので

きっと知っている内容だったかなと思います。

ただ、、、

「実際にできているか?」

を確認してみてください。

理論は知っていても
できていないケースが多いです。

「腰の回転」は飛距離アップのために
優先度の高い項目です。

もしできてないなら、
ぜひチャレンジしてみてください。

ちょっとしたコツで
あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!



■追伸

裏で行っている無料企画では
ご紹介したようなレッスン動画をお届けしています。

「もっと飛距離を伸ばしたい」

と思ったら参加ください。

「腰を回転するとフェースが開いてスライスしそう」
と思うかもしれませんが

そのあたりの対策も紹介しています。

今すぐ無料で参加する。
期間限定の無料公開です。

※募集終了しました!




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」「シェア」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。

好評でしたら動画レッスンを増やすことを検討いたします。